ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察がターゲットにする職質されやすい人の特徴

職質とは、犯罪抑止や捜査の端緒のために犯罪を疑われる者を停止させ、質問をする警察官の職務。とはいえ、職質は警察官職務執行法で決められた範囲の必要最小限で乱用はできず、あくまで任意です。そこで、警察がターゲットにする職質されやすい人の特徴について見ていきましょう。


スポンサーリンク
警察がターゲットにする職質されやすい人の特徴

職質対象になりやすい長髪又は金髪

職質はどういう人が対象になるのでしょう? 警察官職務執行法では「異常な挙動その他周囲の事情から合理的に判断して何らかの犯罪を犯し、若しくは犯そうとしていると疑うに足りる相当な理由のある者」という規定があります。

また、職質する側の警察官には各自治体ごと、つまり警察署ごとに職質対象者用のマニュアルやルールが存在しています。例えば、2008年の秋葉原通り魔事件以降、東京都千代田区エリアは少しでも怪しそうであれば職質するよう徹底されているのです。

とはいえ、職質する対象の判断は最終的には現場の警察官に委ねられます。つまり、警察官のカン次第ということ。警察官によると、自転車は職質されやすい対象の1つです。日中は防犯登録の確認が多く見られます。

職質対象になりやすい人の特徴としては、まず「目深な帽子とマスク」。窃盗の疑いをかけられます。「長髪又は金髪」という特徴は、まともな職業人ではないと見られて職質の対象となるようです。

職質されやすい高級車なのに汚い車

「やせている」というのも職質されやすい人の特徴。これは薬物常用の疑いがあるからです。「上下の服の季節感がバラバラ」というのも特徴も、覚せい剤などで心が乱れているという薬物常用が疑われます。

「迷彩柄の服とアクセサリー」は、武器など危険物所持の疑いから職質対象になりやすい傾向があります。「大きなバッグ」も職質されやすいポイント。危険物所持と住居侵入の疑いがあるからです。

職質されやすいクルマの特徴もあります。それが「高級車なのに汚い」などだらしがない車両。自分のクルマじゃないので愛着が無くて汚したままにしている、窃盗車で整備に出せない、薬物を使用している…などの理由が考えられます。

なお、職質には強制力が無いため、警察官は違法と合法の境界線を過去の裁判例に従います。例えば、バッグを無理やり開ける、ポケットに手を入れるなどは違法。一方、制止のために肩に手を当てるくらいはOKのようです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事