ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

白バイ隊員が教える月末に狙う交通違反ベスト3

交通機動隊にはノルマがあり、それを達成するために月末にはセコイ違反を狙うといいます。ノルマ達成でよく取り締まられる交通違反としては、一時停止違反が有名です。セコイ違反には捕まらないようにしたいもの。そこで、白バイ隊員に聞いた、月末に狙われる交通違反ベスト3を紹介しましょう。


スポンサーリンク
白バイ隊員が教える月末に狙う交通違反ベスト3

覆面パトカーで交通違反取り締まり

白バイ隊員によると「交通機動隊には目標件数があります。これがいわゆるノルマです。新人だと月に100件の交通違反を取ることが目標。その目標件数を達成しないと、部署の来期予算を減らされることになるので必死に守ろうとします」といいます。

「まずは片側一車線をゆっくり走って黄色線で無理な追い越しをする運転手を狙います」とのこと。この交通違反は覆面パトカーを夜に駆り出して行うことが多いようですが、法定速度ギリギリか、マイナス10kmぐらいで走行するといいます。

すると、後ろに付いたクルマやバイクはイライラ。バイクが追い越していくケースが多いので、その瞬間に赤色灯を回して捕まえるそうです。わざとゆっくり走ってイライラしたクルマが黄色線で追い越した瞬間を狙います。くれぐれも黄色線での追い越し禁止のルールはしっかり守りましょう。

月末は整備不良の交通違反に注意

次に多い交通違反は、原付きバイクの2段階右折無視。「大きな交差点で右折してくる原付きバイクを待って、取り締まりの準備をします」といいます。そして、交差点を2段階右折せず入っていく原付きをチェックするのです。

そのまま走り去られることも多いので、白バイを稼働。白バイが交差点の端で待機しているを見かけたら、原付きの2段階右折無視を待っている可能性があります。

最後は「テールランプの電球切れなど整備不良を狙います。これ、意外にクルマを運転する方は気付いてないので注意して下さい。実際はバイクに多いんですけどね」とのこと。テールランプ切れなど、ちょっとした整備不良を捕まえるわけです。いい訳できないのが悔しいところ。月末はこれらの交通違反に特に注意しましょう。

■「白バイ」おすすめ記事
白バイが潜む場所!取り締まり神業テクニック
白バイの車種で取り締まり危険度を判別する方法
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
交通違反で白バイ隊員に狙われやすい信号とは?

■「交通違反」おすすめ記事
交通違反の赤キップと青キップの違いとは?
一時停止違反は証拠がないと警察は立証できない
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
交通違反の点数は減点ではなく加点するシステム
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
路上駐車をしても駐車監視員がスルーする場所

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事