ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スピード違反の計測「下り坂」では無効の可能性

一般には知られていませんが「坂落とし」という警察の隠語があります。下り坂でのスピード違反の計測は正確性に欠けるため、取り締まった時にドライバー側がこの用語を出すと諦めてしまうこともあったとか。そんな身に覚えのないスピード違反に遭遇したときにどう対処するべきか見ていきましょう。


スポンサーリンク
スピード違反の計測「下り坂」では無効の可能性

スピード違反に効いた「坂落とし」

下り坂でのスピード違反の計測は正確性に欠けるもの。そんな時は「坂落とし」という警察用語が効きました。ただし、元交通機動隊員は「1980年代にはネズミ捕りの時に坂落としでジャンジャン捕まえていたエピソードも聞きますが、今は皆無かと思います」といいます。

「私は例えば、東京・芝浦からお台場方面のレインボーブリッジで、長いカーブを登りきった後のスピードを出しやすい直線距離で、下り坂に差し掛かる前に計測して捕まえています」と話していました。

下り坂でのスピード計測は正確性に欠けるので、スピード違反があまりに理不尽だと思ったらこの警察用語を使ってみるのもよいかもしれません。

スピード違反にピッチングの影響

また、光電式のネズミ捕りによるスピード違反で、測定された数値が以上に高いと感じたらピッチングの影響を疑ってみましょう。というのも、道路のデコボコによるクルマの上下動があると正しく計測できないからです。

光電式のネズミ捕りは、3mの区間をクルマが何秒で走るか時間を計測しています。レーザー光線を利用した「送受光器・小型反射器」という組み合わせのセンサーユニットを2セット設置して計測。ここでスタートが入る時とストップの入る時で、クルマの異なる部分でビームを遮蔽すると正しく計測できません。

なお、スピード違反の取り締まりに不服なら署名を拒否することは可能です。青キップなら交通裁判所にて潔白を主張して行くことになります。赤キップの場合は後日、検察庁へ出頭要請が来るので出頭。略式裁判に応じるようにいわれても、正式裁判に持ち込む意志を伝えると帰され、後日の呼び出しを示唆されるようです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事