ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察官は階級が上だと都道府県警でも国家公務員

各都道府県警に所属している警察官は、地方公務員と思われがち。しかし、警察官は階級によって国家公務員と地方公務員に分けられています。また、階級とは異なる区分であるキャリアとノンキャリアでも公務員の違いがあるのです。そして、出世できる階級はキャリアとノンキャリアで大きく違っています。


スポンサーリンク
警察官は階級が上だと都道府県警でも国家公務員

警察官は階級によって国家公務員

警察官がほかの公務員や民間人と異なる点に「階級」の存在が挙げられます。これは、自衛官や海上保安官、消防士も同じで、素早い判断と厳格な命令が求められる職種において、上下関係や責任の所在を明確にする必要があるからです。

階級によって国家公務員と地方公務員に分けられているのも、警察官という職業の大きな特徴でしょう。警察官で地方公務員となるのは巡査から警視まで(警察庁勤務を除く)。警視正以上は都道府県警に勤務していても国家公務員扱いとなり、この身分にあるものを地方警務官といいます。

つまり、同じ職場に国家公務員と地方公務員が混在していて、地方公務員は地方税から、国家公務員は国税から給与が支払われることになるのです。

キャリア警察官の身分は国家公務員

警察官には階級以外にも区分が存在します。それが「キャリア」と「ノンキャリア」です。キャリアとは国家公務員総合職試験に合格した警察官を指し、身分は国家公務員。所属も警察庁で、本部や所轄に派遣されるのは出向の形に近いでしょう。

キャリアとノンキャリアの大きな違いは昇任スピード。キャリアは初任から警部補の階級が与えられて10年ほどで警視正となり、その後は警視監、警視総監、警察庁長官への道が開かれています。一方、ノンキャリアは巡査からのスタート。昇任の限度はノンキャリアで警視正とされており、現実的には警部補までが精一杯です。

ちなみに、キャリア組は東大卒がほとんどで、年間の採用人数はわずか10~15人程度。大卒のノンキャリアが1,000人程度なので、キャリア採用がいかに狭き門であることかわかるでしょう。

■「警察官の階級」おすすめ記事
警察官は階級で国家公務員か地方公務員か変わる
職務質問は警察官の階級章で話す相手を見極める
警察官の出世でノンキャリアはせいぜい警部まで

■「警察官」おすすめ記事
警察官は巡査になって給料もらいながら警察学校
公安警察はデモや集会に私服で必ず張っている
婦警さんが合コンに職業を隠して参加する理由
よくある警察キャリアとノンキャリの確執はウソ
ノンキャリアの警察官の厳しい出世競争と退職金
警察官の拳銃は国産の「サクラ」が現行モデル

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事