ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スピード違反でキップを切られた後はどうなる?

スピード違反で捕まると、ほかの交通違反と同じようにキップを切られます。スピード違反は超過速度が30km/h未満(高速道では40km/h未満)で青キップ、30km/h以上(高速道では40km/h以上)で赤キップです。スピード違反で青キップや赤キップを切られた後は、どんな手続きが待っているのでしょうか?


スポンサーリンク
スピード違反でキップを切られた後はどうなる?

スピード違反は赤キップで免許停止

スピード違反で青キップの場合、一緒に交付される納付書で銀行や郵便局に「反則金」を払えば手続きは終わりです。普通車で超過15km/h以上20km/h以下なら12,000円など、金額は超過速度によって法令で決まっています。

一方、スピード違反で赤キップの場合は、反則金の納付書は交付されません。通常は赤キップを切られてから20日ほどで、いわゆる交通裁判所に呼び出されます。とくに不服がなければ、略式の裁判ですぐに「罰金」を支払えば終わります。

とはいえ、赤キップということは違反点数が6点以上ということ。前歴がなくても6~8点は30日間の免許停止となります。スピード違反で超過速度50km/h以上の場合の違反点数は12点。前歴がなくても90日の免許停止となります。

スピード違反でも正式な裁判となる

なお、スピード違反の略式裁判では法廷を開きません。待合室で待っているうちに呼ばれ、徴収の窓口で罰金を払うことになります。罰金の上限は10万円。具体的な金額は、主に車種と超過速度によって決まり、例えば普通車で超過30km/h台なら6~7万円です。バイクはそれより1万円くらい低くなります。

ただし、スピード違反の超過速度があまりに高いと罰金では済みません。正式な裁判となって被告人として法廷に立たされ、懲役刑を求刑されます。上限は6月。普通は執行猶予がつくことになります。

正式な裁判になるのは、東京の首都高速の場合で超過80km/h以上のようです。一般道だと超過70km/h以上といわれています。地方によっては、超過60km/h以上でも正式な裁判となるかもしれません。

■「スピード違反」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
スピード違反のネズミ捕りを察知する5つの方法
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?

■「交通違反」おすすめ記事
一時停止違反は証拠がないと警察は立証できない
免許の点数が交通違反で「減点される」は間違い
交通違反の赤キップと青キップの違いとは?
交通違反の点数は減点ではなく加点するシステム
駐車禁止区域に駐車しても違反が除外された事例
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事