ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

水上警察署と水上警察隊にはどんな違いがある?

警察が守るのは陸上だけではありません。犯罪は船やボートを使って行われる場合もあります。水上での治安活動を任務とするのが「水上警察」。ただし「水上警察署」は全国に3つ。近年、警察署の再編によって水上警察署は数が減少しています。とはいえ、水上警察隊や水上交番などが管轄する警察署に設置されているのです。


全国に3つしか存在しない水上警察署は場所は?

水上警察署は神奈川・大阪・兵庫の3署

水上警察の具体的な任務は、密漁などの漁業関連法違反の取り締まり、水難事故の救助や転落などにおける被害者の捜索、密輸事件の捜査などです。水上警察は、基本的には管轄区域に水上を含む警察署の地域課の所管となります。

そんな中、水上警察署を設けているのは、神奈川県警横浜水上警察署、大阪府警大阪水上警察署、兵庫県警神戸水上警察署の3署のみ。かつて存在した警視庁の東京水上警察署も、2008年に東京湾岸署の水上安全課に再編されています。

水上警察署には、海上活動に欠かせない警備艇が配備され、操船を行う専門職員も勤務しています。また、水上警察署には陸上にも一部管轄区域があり、横浜水上警察署の場合は横浜港大桟橋や赤レンガ倉庫地区などを受け持ち、車庫証明の発行なども行います。とはいえ、水上警察署の業務は多くが海上活動といえるでしょう。

水上警察署がないエリアの海上警備

水上警察署は海のスペシャリストともいえる存在ですが、水上警察署がないエリアでも警察による海上警備や事故時の救助といった業務は発生します。そうした地域では、沿岸エリアを管轄する警察署が海上も担当するのが基本です。とはいえ、各警察署ごとに警察船を配備するとそのためのコストが上がってしまいます。

そこで、多くの都道府県警では警備船を常備する警察署を絞り、他の警察署が警察船が必要となる場合は応援を要請するという形を取っています。例えば、青森県警では八戸警察署に船舶を常駐させ、運行や整備は同署が行う仕組みです。

このほか、本部の地域部や生活安全部に所属する水上業務専門の部隊「水上警察隊」も存在。福島県警、千葉県警、福井県警、三重県警、滋賀県警、兵庫県警、和歌山県警、香川県警、宮崎県警にあります。


水上警察隊で琵琶湖が活動エリア

水上警察隊がある県警のリストには、海がない内陸県である滋賀県警が含まれています。実は、滋賀県警水上警察隊の活動エリアは海上ではなく、日本最大の湖・琵琶湖。琵琶湖の警備や事故時の救助などに活躍しているのです。

琵琶湖では、夏シーズンの海水浴だけでなく、年間を通じてジェットスキーやモーターボート・釣り船などが数多く走り、それらの事故対策が課題となっていました。そこで、滋賀県警では2010年に琵琶湖で交通指導や水難救助などにあたる水上警察隊を設置。警備艇も導入し、琵琶湖内の安全を守る活動を続けているのです。

海上の治安活動で気になるのが、海上保安庁と海上自衛隊との切り分けでしょう。海上自衛隊は防衛省の管轄で、逮捕権がありません。対して海上保安庁は国土交通省の外局で、海難者の救助や航行の安全管理に加え、逮捕権も持っています。

水上警察の管轄は領海のみに限定

水上警察とこれらの組織との大きな違いは管轄です。海上保安庁は日本の領海のみならず、排他的水域を超えた公海でも活動が可能ですが、水上警察は領海のみに限定され、実際は港湾や内海といった狭い範囲での活動が主となります。

しかも、日本は地方警察制を採用しているため、都道府県の管轄を越えた業務は、原則として行えません。そうした意味でも、水上警察は港湾や内海といった狭い範囲での活動が主となっています。

一方で、水上警察は港湾の回りなど地上の管轄地域も持つことが多く、他の部署や捜査員との連携が可能。そうして、殺人事件や暴力団がらみの密輸事件などを警察の組織力や捜査力で解決しているのでした。

■「水上警察」おすすめ記事
水上警察と海上保安庁の大きな違いは管轄にある

■「警察」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
警察用語で「まぐろ」と「たたき」は何の意味?
警察の特殊部隊「SIT」と「SAT」の違いとは

■「警察官」おすすめ記事
職務質問は警察官の階級章で話す相手を見極める
警察官の制服は「夏服・合い・冬服」3種が基本
よくある警察キャリアとノンキャリの確執はウソ
ノンキャリアの警察官の厳しい出世競争と退職金
婦警さんが合コンに職業を隠して参加する理由

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事