ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

覆面と白黒で違う危険度が高いパトカーの判別法

パトカーと一口にいっても、交通違反の取り締まり危険度はまったく違っています。白黒パトカーであれば、交通違反の取り締まりを専門とする交通パトカーとパトロールが中心の警らパトカーで注意すべき交通違反は異なるもの。覆面パトカーの場合、交通パトカーと捜査用パトカーでは危険度が全く違っているのです。


スポンサーリンク
覆面と白黒で違う危険度が高いパトカーの判別法

白黒の交通パトカーはハイパワー

白黒パトカーの主力といえばトヨタの200系クラウンですが、同じ車種でも交通パトカーと警らパトカーに大別されます。外観の大きな違いは赤色灯の載せ方ですが、交通パトカーは3,000ccのハイパワーモデルのため中身も違っているのです。

交通パトカーの散光式赤色灯はルーフに直接載っているタイプ。後方からの視認性を考慮していないのは、交通パトカーは違反車を安全な場所へ誘導して停車させるから。追尾式のスピード違反の取り締まりを得意としています。

一方の警らパトカーの外観の特徴は、赤色灯昇降装置を搭載していること。エンジンは廉価版とはいえ2,500ccあるので加速はしますが、乗員に追尾・スピード測定の技量がないため、追尾式のスピード取り締まりは不得手です。

その分、信号無視や通行区分違反などの現認系の違反で猛威をふるってくるのが赤色灯昇降装置付きの白黒パトカー。職質だけをしているわけではありません。

覆面の交通パトカーの外観的な特徴

なお、最新の210系クラウンの白黒パトカーでは、警らパトカーが従来通りロイヤルベースの2,500ccタイプあるのに対して、交通パトカーはアスリートをベースに製造。排気量が3,500ccにアップしているので、危険度がより高まっています。

覆面パトカーには、交通パトカーと捜査用パトカーが存在。交通機動隊員が乗り込んで幹線道路などで違反車を狙っている交通パトカーは、トヨタの200系クラウンが主力車種になります。白黒の交通パトカーと同じ3,000ccモデルです。最近では、210系クラウンの覆面パトカーも散見され、こちらは交通パトカーと同様にアスリートベースの3,500ccモデルとなっています。

外観の特徴としては、ルーフの真ん中に赤色灯が飛び出すフタが付いていたり、リアウインドウにユーロアンテナが装備されていたりします。フロントグリル内にも前面警光灯を隠していますが、点灯していない状態での確認は難しいでしょう。

また、覆面の交通パトカーは乗車している警官のヘルメットや青い制服姿ですぐに判別できます。その交通機動隊員の運転技量と相まって、あっという間に追尾・測定してスピード違反を取り締まります。

なお、捜査用の覆面パトカーは刑事の足代わり。交通違反の取り締まりは行いません。よく見られる車種はトヨタのアリオンとスズキのキザシになります。

■「パトカー」おすすめ記事
交通機動隊と自動警ら隊のパトカーは何が違う?
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
パトカーは自動車警ら隊と所轄で違っている
覆面パトカー追尾や検問を警察無線から知る方法

■「交通違反」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
一時停止違反は証拠がないと警察は立証できない
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
免許の点数が交通違反で「減点される」は間違い
交通違反の赤キップと青キップの違いとは?
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事