ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警視庁捜査一課の刑事が胸に付ける赤バッジとは

警視庁や道府県警本部にある刑事部とは、その名の通り「刑事事件」を扱う部署。その中でも、殺人や強盗といった強行犯を扱うのが「捜査一課」です。とはいえ、多くの人は捜査一課の刑事に接する機会はほとんどありません。そこで、警察の中でも花形部署といわれる捜査一課の仕事を見ていきましょう。


スポンサーリンク
警視庁捜査一課の刑事が胸に付ける赤バッジとは

捜査一課の刑事が追われている仕事

警察ドラマで日々犯人を追う刑事たちとは違い、実際の捜査一課の刑事たちが日常的に追われている仕事とは、意外なことに地味な内容がほとんどです。緊急の事案などを抱えていなければ、朝7時半から8時半の出勤と同時に、捜査状況を確認する捜査会議が行われます。

その後、聞き込みや張り込みの必要があれば「外回り」に出かけますが、必要がないときに待ち受けているのが、事件報告などの書類整理。警察といえども役所のひとつなので、申請や報告などはすべて書類によって行われるからです。

午後からは外回りが主となり、緊急事案がなくとも地域の有力者や協力者を訪ねて情報を得ています。これは通称「檀家まわり」と呼ばれ、有力情報を得ることで事件の解決に結びつけたりするのに役立てているのです。

ただし、いざ事件が起きると捜査一課の刑事たちは俄然、多忙を極めます。事件発生から初動捜査が終わると所轄内に「捜査本部」が設けられて本格的な捜査がスタート。捜査活動は「地取り・鑑取り・特命・情報」といった4班に分けられます。

警視庁の捜査一課の刑事に赤バッジ

地取りとは一定の地域を決めて聞き取りを行うこと、鑑取りは被害者の交友関係などを中心に捜査を行うこと、特命は証拠品や遺留品に関する捜査を行うことで、情報は寄せられた情報に関する裏づけ捜査のことです。

しかし、どの捜査であっても基本は「聞き込み」。そして聞き込み捜査は、捜査一課の刑事と所轄の警察署の刑事課員がコンビを組んで行われることになります。

捜査一課の刑事は管轄内で起きたさまざまな事件に接しているため、捜査方法において経験が豊富です。一方、所轄の刑事は地元の情報に詳しいというわけ。そんな2人がペアになることにより、互いの得手不得手を補うのです。

社会的な影響の強い事件を扱うためか、捜査一課は「花形部署」ともいわれています。特に警視庁では捜査一課の刑事だけが、金文字の入った金枠付きの赤い丸バッジの装着が許されているほど。警察関係者の間では「一課の赤バッジ」といわれています。

ちなみに、赤バッジに書かれている文字は「S1S mpd」。「Search 1 Select – Metropolitan Police Department」の略になります。意味としては「選ばれし捜査第一課員・警視庁)です。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事