ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

レーザー式オービスの測定ポイントは何m手前?

全国で新型オービスによる取り締まりが報告されています。新型オービスは「固定式・半可搬式・可搬式」の3タイプありますが、特に多いのが可搬式。東京航空計器によって製造された「LSM-300」です。最大の特徴はスピード測定にレーザー式を採用していること。レーザー式オービスの性能に迫ります。


スポンサーリンク
レーザー式オービスの測定ポイントは何m手前?

レーザー式を採用した新型オービス

そもそも新型オービスの試行運用が始まったのは2014年。道路脇にポールを埋めて設置する「固定式」と、台車などで移動する「半可搬式」、三脚に載った最も小型な「可搬式」の3タイプを検討。速度測定はいずれもレーダー式でした。

このうち、固定式の新型オービスは2016年3月から埼玉県と岐阜県で運用開始されています。ただし、埼玉県の新型オービスは2018年2月に放火によって一時運用停止。現在は監視カメラを増設して運用されています。

半可搬式の新型オービスは2016年に突如、国産唯一のオービスメーカーである東京航空計器が製造する「LSM-300-HK」に変更。こうして、レーザー式を採用したオービスが導入されました。

そして、可搬式の新型オービスも2017年4月に東京航空計器がレーザー式の「LSM-300」をお披露目したというわけです。なお、可搬式の新型オービスとして当初から検討されていたセンシス社の「MSSS」も、幹線道路などで目撃されています。

レーザー式オービスの速度判定区間

「LSM-300」の撮影ユニットはタテ型。レーダー式やループコイル式のオービスの撮影ユニットのような形状です。本体には、上からストロボ・カメラ・レーザースキャンセンサーが並んでいます。

レーザー式オービスが速度違反の判定区間するのは、オービスの手前25mから30m、撮影ポイントは20mです。また、取扱説明書には「一定速度で回転するミラーによる投受光のため、同じ経路の反射光しか受光しない」と記載。他建造物や他車両の多重反射の影響を受けない旨が書かれています。

新型オービスの導入の目的の1つは通学路などの生活道路の事故対策。今までのネズミ捕りと違い、カメラで記録できることがメリットです。スピード違反車両をその場で停止させたりキップを切ったりスペースがいりません。

このため、レーザー式オービス「LSM-300」も生活道路での速度違反の取り締まりで多く目撃されています。常に制限速度を守って安全運転を心がけましょう。(写真/オービスガイド)

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事