ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察官の給料は同じ公務員より金額がちょっと上

警察官のほとんどは地方公務員。つまり、役所の事務職と同じ公務員なのため圧倒的に高給取りというわけではありません。しかし、実際にはその収入以上に警察官ならではの手当や優遇が多数あるといわれています。そこで、警察官の給料がどうやって決まって、どんな手当てがあるのか見ていきましょう。


スポンサーリンク
警察官の給料は同じ公務員より金額がちょっと上

警察の給料は一般職より金額がよい

一般の公務員と同じく、警察官の給料は俸給(ほうきゅう)といいます。これは民間企業でいう基本給と同じ意味で、内閣人事院が発表する「俸給表」で定められています。そして、警察官は「公安職俸給表」が適用され、一般職より若干金額がよくなっているのです。

この俸給表は、自分の「級」と「号」の交差した欄の額が俸給月額、つまり給料となります。例えば巡査は1級、巡査部長は3級、警部は5級、警視なら7級というように、階級によって「級」が決められているのです。

そして、各級の中で勤続年数に応じて「号」が上がっていく仕組み。また、試験に合格して昇進すると「級」が上がります。とりあえず、長く続けていればちょっとずつでも確実に給料がアップするのが警察官の給料の魅力でしょう。

警察官の給料には独特の特殊手当

この俸給月額に加えて、警察官の給料にはさまざまな手当があります。このうち、住宅手当や通勤手当、扶養手当などは一般企業とほぼ変わりません。年2回のボーナスは「期末手当」「勤勉手当」といいます。

警察官の給料で特徴的なのは特殊手当。「警ら作業手当」「防弾装備着装作業手当」「死体収容作業手当」など警察独特の特殊手当もかなりあります。とはいえ、交通事故処理作業の交通取締手当は1日560円です。

警察官の給料以上にメリットがあるのが、外部に対するイメージが非常に高いこと。仕事を聞かれて「警察官です」と答えれば、誰もが真面目な人という印象を持つでしょう。安定した給料も相まって、警察官は住宅ローンの審査はほぼストレートで通るといわれています。

■「警察官」おすすめ記事
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
警察の特殊部隊「SIT」と「SAT」の違いとは
警察の職務質問でやってはいけないNG行動2つ
警察官は階級で国家公務員か地方公務員か変わる
公安警察はデモや集会に私服で必ず張っている
警察官の制服「冬服・合服・夏服」使用期間は?
婦警さんが合コンに職業を隠して参加する理由
警察官は巡査になってから警察学校に入学する

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事