ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

自転車には免許がないけどスピード違反はある?

スピード違反で気になるのが運転免許の点数。一般道での時速30キロ以上の速度超過なら違反点数が6点以上となって一発免停となります。ところが、自転車には運転免許がありません。はたして、自転車にはスピード違反はあるのでしょうか? また、自転車にスピード違反があるなら最高速度は時速何キロになるのでしょう。


自転車には免許がないけどスピード違反はある?

自転車には法廷最高速度の言及なし

道路交通法における「車両」の定義は、第2条第1項第8号に「自動車、原動機付自転車、軽車両及びトロリーバスをいう」とあります。そして「軽車両」の定義は同条同項第11号に「自転車、荷車その他人若しくは動物の力により、又は他の車両に牽けん引され、かつ、レールによらないで運転する車」です。

すなわち、自転車もクルマと同様に道路交通法を守らなければならないということ。最高速度や左側通行を守らなければなりません。指定最高速度が時速40キロなら、自転車も時速40キロを超えては走行してはいけないのです。

一方で、法定最高速度については自転車についての言及がありません。このため、時速40キロや50キロなどの道路標識等がなければ、自転車は一般道を時速100キロで走ってもスピード違反で捕まることはないということです。

自転車の交通違反は赤キップになる

ただし、道路交通法第70条に「車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない」とあります。このため「安全運転義務違反」で捕まる可能性があるのです。

また、自転車の交通違反は「交通反則通告制度」の対象外でもあります。交通反則通告制度は、軽車両を除く自動車の運転者の違反行為のうち軽微な違反は反則行為とされ、反則金を納付すれば刑事手続きで扱わないようにするという制度。いわゆる青キップと反則金の納付書が交付されます。

しかし、軽車両である自転車は青キップの対象外ということ。赤キップによる罰金が科されることになります。罰金は刑法に定められている刑罰の一種。刑罰を受けたことがある経歴を「前科」と呼びます。自転車の交通違反の罰金も刑罰なので前科となるのです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事