ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

交通機動隊と高速隊で微妙に違っている任務とは

警察業務の交通部門を担当するのが「交通部」です。事故捜査から刑事事件まで路上の治安を一手に担っています。そんな交通部の花形部署が「交通機動隊(交機)」と「高速道路交通警察隊(高速隊)」です。どちらもスピード違反などの取り締まりを得意としますが、担当する任務が微妙に違っているのです。


交通機動隊と高速隊で微妙に違っている任務とは

交通機動隊と高速道路交通警察隊

交通機動隊と高速隊が所属する交通部が担当する範囲は多岐に渡ります。警視庁の場合、交通部は「交通執行課」「交通捜査課」「交通管制課」「交通規制課」「交通総務課」「駐車対策課」「運転免許本部」「運転免許試験場」という構成。これに加えて「交通機動隊」「高速道路交通警察隊」が存在しています。

交通執行課は交通違反の取り締りに関する業務を行う部署。交通捜査課は交通事故の捜査だけではなく、ひき逃げ事件や車上狙い、自動車窃盗など、強行犯や盗犯といった刑事事件も扱っています。

実は交通部には私服警察官(刑事)も所属。刑事部と合同で捜査をすることもあるのです。また、刑事部の鑑識課とは別に交通鑑識係も存在しています。

交通管制課は信号機の保全や運用などを担当。渋滞情報を提供する「交通管制センター」はここの所属です。交通規制課はイベントなどで道路を使用する際や道路工事の許可を下す部署になります。

交通機動隊と高速隊の大きな違い

交通総務課は交通安全教育や交通事故統計に関する業務が担当です。駐車対策課は自動車保管場所(車庫)証明の発行や駐車違反の反則金を徴収。運転免許本部と運転免許試験場は運転免許に関する業務を行っています。

そして、交通取り締まり用の白黒パトカーや覆面パトカーが配備されているのが交通機動隊と高速道路交通警察隊。ここに配属されたいがために警察官になったという人もいるほどの人気部署です。

交通機動隊と高速隊の大きな違いは交通機動隊が一般道を担当し、高速隊は高速道路や有料道路を担当すること。ただし、縄張り以外にも担当する任務には微妙な違っています。

交通機動隊が交通違反の取り締りを専門とするのに対し、高速隊は事故処理やパーキングエリアなどで起こった事件捜査も任務に含まれているのです。つまり、高速道路を含む有料道路で起きた事件は、基本的には高速隊の担当となるのでした。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事