ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

パトカーと消防車・救急車のサイレン音の違いとは

パトカーや消防車・救急車が緊急走行をする際、鳴らさなくてはいけないサイレン。パトカー・消防車といえば「ウ~」、救急車といえば「ピーポーピーポー」ですが、実はパトカーと消防車でサイレン音は微妙に違うほか、複数のサイレン音を使い分けていたりします。パトカーと消防車・救急車のサイレン音の違いに迫ります。


パトカーと消防車・救急車のサイレン音の違いとは

パトカーのサイレンは手動にできる

パトカーに限らず、緊急走行をする車両は、その際に回転灯を回し、サイレンを鳴らすことが規則で決まっています。パトカーが搭載しているサイレンの音は「ウ~」という連続音で、実は2種類があります。

これはうねりの周期による違いで、1周期が4秒のものと8秒のものが用意されています。使い分けに法令上の決まりはありませんが、より緊急性が高い事件へ向かう際に周期が短い4秒が使われるようです。

また、連続してサイレンを鳴らすだけでなく、手動でボタンを押している間だけ鳴るモードも搭載。パトカーが時々「ウッ」と短いサイレン音を使い、道ばたの人へ注意する際には、この手動モードが使われているのです。

消防車はサイレン音に鐘の音の組合せ

消防車の場合、サイレン音と鐘の音の組合せを使い分けています。まず、本当に火災が発生して緊急出動する際は「ウ~」に加え「カンカンカン」という鐘の音(警鐘)をあわせて出します。これは、江戸時代に火消しが鐘を使っていたことに由来するものです。

一方、火災以外で緊急走行をする際は「ウ~」音だけになります。水害や津波の危険が高くなった地域では、警戒を呼びかける消防車が走り回ることがあり、こちらの音を聞いた人も多いでしょう。

また、火災や警戒などから帰署する際は、「カンカンカン」の鐘の音だけを鳴らします。この音が消防車から聞こえたら、無事鎮火したと考えてよいです。任務の帰りなので、赤色回転灯を回さず緊急走行もしていません。なお、消防車のサイレン音の意味については地域によって違うこともあるようです。


救急車のサイレン音は患者に配慮

救急車の場合、パトカーや消防車と違い「ウ~」音は使わず、「ピーポーピーポー」なのは皆さんご存じの通りです。この音は、救急搬送される患者が「ウ~」より緊張しないように選ばれた音だといわれています。

「ピーポーピーポー」といえば救急車ですが、実は「ウ~」音のサイレンも搭載しています。こちらは、交差点に赤信号で侵入する際、付近の自動車へ注意喚起する際などに使用します。

救急車の場合、夜の住宅街などを走行する際は付近の住民へ配慮して、赤色灯だけ回しサイレン音を切ることもしばしば。この状態では緊急走行は禁止ですが、元々住宅街を高速で飛ばしたり逆走するのは安全上無理があるため、このような配慮をしているのでしょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事