ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

交通違反のキップをサイン拒否するとどうなる?

一時停止違反などで身に覚えがない交通違反のキップを切られたとき、サイン拒否したらどうなるのでしょうか? そもそも納得がいかない交通違反はサイン拒否は可能。裁判所などで身の潔白を主張していきます。そこで、交通違反のキップをサイン拒否するとどうなるかを詳しく見ていきましょう。


交通違反のキップをサイン拒否するとどうなる?

交通違反をサイン拒否したあとの流れ

交通違反のキップを切られたとき、警察から「サインしないと裁判で面倒なことになるよ」とパトカー内で強要されることもあるといいます。身に覚えのない交通違反のキップを切られたときの正しい対処法は知っていて損はありません。サイン拒否をしたあとの流れは、交通違反が青キップなのか赤キップなのかで異なります。

交通違反でも軽微なものは「反則行為」と呼ばれ、一定期間中に納付書に書かれた所定の反則金を納付すれば手続きは終了します。この納付書と一緒に渡される「交通反則告知書」が青キップです。

一方、一般道で時速30キロオーバーなど重い交通違反で渡されるのは「交通切符告知票」。これが赤キップです。赤キップの場合は、反則行為ではなく刑事罰として前科が付きます。いわゆる交通裁判所に呼び出されて、略式の裁判を行うのです。

交通違反に不服ならサイン拒否は可能

青キップにサインをすると当然、違反を認めたことになり、そのまま反則金の仮納付書を渡されます。ここで交通違反に不服ならサインを拒否することは可能。とはいえ、意志を固くして挑まなければなりません。青キップの場合は、交通裁判所にて潔白を主張して行くことになります。

赤キップは一発で免許停止処分になる交通違反。もちろん、身に覚えがなければ赤キップもサイン拒否することは可能です。その後の流れとしては、まず検察庁への出頭要請が来ることになります。

ここで略式裁判に応じるようにいわれても、正式裁判に持ち込む意志を伝えること。すると、そのまま帰されて後日の呼び出しを示唆されるといいます。そのまま半年以上、出頭要請が来なければ不起訴の可能性もあるのです。

交通違反のキップにサインすることは違反を認めたことを意味します。納得がいかないならサインは拒否してもかまわないということ。もちろん、交通違反をしたと認識しているときは、素直に取り締まりに従いましょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事