ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

うっかり追い越すと交通違反になるポイントとは

追い越し禁止の標識も出ていないし、無茶な追い越しをしたわけでないのに、なぜか交通違反になってしまった…そんな経験がある人も少なくないはず。実は、道路での追い越しは標識がない場所でもさまざまな方法で禁止が決められています。なかには、意外と知られていない追い越し禁止ポイントもあるので、要注意です。


うっかり追い越すと交通違反になるポイントとは

黄色や白色の実線は追い越し禁止

道路交通法では、追い越しについて「車両が他の車両等に追い付いた場合において、その進路を変えてその追い付いた車両等の側方を通過し、かつ、当該車両等の前方に出ることをいう」と決めています。つまり、前を走る自動車を抜く場合でも、まっすぐ進む分には追い越しになりません。

例えば、車線左側を走る原付自転車を右側からまっすぐ走り前に出た場合、追い越しではなくなります。一方、2車線以上の道路で車線を変更したり、対向車線にはみ出て前の自動車を抜かす場合は追い越しです。

それでは、どのような場所が追い越し禁止になるのでしょうか。一番分かりやすいのは、追い越し禁止の標識が出ている道路です。また、道路の中央線が黄色や白の実線で引かれている場合、その中央線をはみ出して追い越しをしてはいけない、という意味になります。

追い越し禁止でなくても違反になる

これらの追い越し禁止場所については、各都道府県の公安委員会がそれぞれの道路の事情に応じて指定しています。一方、公安委員会の指定とは別に、道路交通法で追い越し禁止場所と決められている場所もあるのです。

法律で追い越しが禁止されている場所も意外と多く、すべて挙げていくと「曲がり角、上り坂の頂上付近、急勾配の下り坂、片側1車線のトンネル、交差点・踏切・横断歩道・自転車横断帯のそれぞれ30m以内」となります。

このうち、とくに注意したいのが交差点付近です。例えば、2車線道路の左側車線を走り交差点に近づいた際、左折待ちの自動車を右側車線に出て追い越してしまうと、追い越し違反になってしまうのです。

追い越しが禁止されていない道路の場合でも、その方法によって違反になってしまうケースがあります。有名なのは左側から追い越すというものですが、それ以外にも追い越し中の自動車をさらにその右から追い越す「二重追い越し」も違反です。

また、追い越しをする側ではなくされる側の自動車が違反になることもあります。例えば、追い越されるのを嫌いスピードを上げてその邪魔をするというもので、「追い付かれた車両の義務違反」という違反になります。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事