ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

刑事が捜査で使う覆面パトカーの車種や価格は?

覆面パトカーといえば、スピード違反を中心とした交通違反を取り締まる「交通取締用四輪車」がドライバーにとっておなじみですが、それ以外にもさまざまな用途の覆面パトカーがあります。その代表的なものが、私服刑事が事件捜査に活用しているもの。はたして、捜査で使う覆面パトカーの車種や値段はどれくらいなのでしょうか。


刑事が捜査で使う覆面パトカーの車種や価格は?

捜査用覆面パトカーはさまざまな車種

捜査用の覆面パトカーについては、警察庁や各都道府県警がさまざまな車種を購入しています。かつては捜査用の覆面パトカーはセダンがほとんどでしたが、自動車メーカーがセダンのラインアップを縮小している影響から、トヨタ・プリウスなどハッチバックやワゴンが採用されるケースも増えています。

また、交通取締用四輪車で圧倒的シェアを誇るトヨタ・クラウンが、捜査用の覆面パトカーにはほぼ採用されていないことも注目ポイントです。つまり、クラウンの覆面パトカーを街中で見つけたら、かなりの確率で交通違反を取り締まる車両ということになります。

ただし、数は少ないものの各都道府県警に配備され、緊急事件の発生を受けて現場に急行する「機動捜査隊」と呼ばれる部署が使う覆面パトカーにはクラウンも数多く採用されているため、必ずしも「クラウン=交通違反取り締まり専門」というわけではないので注意が必要です。

捜査用の覆面パトカーはマグネット式

私服刑事の捜査では、逃走犯を高速で追跡する場面があるため、覆面パトカーも緊急走行に必要な赤色回転灯とサイレンアンプを備えています。ただし、交通取締用四輪車の赤色回転灯が天井に固定されているのに対し、捜査用の覆面パトカーは必要に応じてマグネットで取り付ける方式です。

また、フロントグリルに前面警光灯はなく、サイレンアンプの音を鳴らすスピーカーだけが搭載されます。また、捜査用の覆面パトカーはストップメーターを装備していないため、スピード違反の取り締まりは基本的に行えません。

ただし、目に余るスピード違反を私服刑事が発見した場合、車載の警察無線機を使い交通機動隊に応援を要請。交通取締用四輪車が出動して取り締まりを行う…といったケースもあります。「捜査用の覆面パトカーだから」といった甘い気持ちでいると痛い目にあうので要注意です。


捜査用の覆面パトカーの車種と価格

それでは、捜査用の覆面パトカーはどれぐらいの価格で購入されているのでしょう。2018年の場合、警察庁が捜査用覆面パトカーとして一番多く購入したのはトヨタ・アリオンの1.8Lモデルでその台数は461台。合計の購入価格は約7億2300万円で、1台あたりで計算すると約160万円になります。

また、2番目に多く購入したのがスズキ・スイフトの229台で、こちらの合計価格は約3億4200万円。1台あたりにすると約150万円です。

これを市販車と比較すると、アリオンの場合はベースグレードで約203万円のため、40万円近い値引きです。ただし、アリオンの場合はモデル末期に近づいているため、大幅値引き自体はあり得る話です。また、スイフトのベースグレードは約146万円なので、単純比較では覆面パトカーの方が高い計算になります。

■「刑事」おすすめ記事
捜査一課のほかに警察の刑事には何課あるのか?
警察のエリートコース「捜査二課」の仕事とは?
マル暴刑事が暴力団員と趣味が似てくる理由

■「警察官」おすすめ記事
キャリア警察官とノンキャリアの収入面の差は?
警察官の給料は特殊手当で公務員よりちょっと上
警察官は警視正以上は都道府県警でも国家公務員
職務質問は警察官の階級章で話す相手を見極める

■「警察」おすすめ記事
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
警察用語で「まぐろ」と「たたき」は何の意味?
警視庁と警察庁は何が違う?警察組織を理解する

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事