ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察エンブレムに「白鳥」が描かれた県警とは?

警察官の制服は冬服・合服・夏服のほか、活動服や防寒服などがありますが、そのほとんどに共通しているのが右腕に付けられている「エンブレム」です。実はこのエンブレム、各都道府県警で図柄が異なっているのです。警察官の右腕に付けられているエンブレムのデザインについて、詳しく見ていきましょう。


警察エンブレムに「薔薇」が描かれた県警とは?

警察エンブレムに道府県の名称と図柄

警察官の制服に付けられているエンブレムの位置は右袖の上腕部。基本は五角形の金色の日章とそれを囲む桜葉と桜、上部欄には各都道府県名が金色で入った構成です。サイズとしては幅が7センチ、高さが9センチほどになります。

エンブレム上部の都道府県名は、千葉県警なら「千葉」と記載。ただし、東京都は「警視庁」、警察庁は「警察庁」、皇宮警察は「皇宮」という文字となっています。道府県の名称の上部には長官または警察本部長が定める図柄を入れる決まりです。

例えば、警視庁の場合は東京都のシンボルマークであるイチョウに「TOKYO」とアルファベットが白色で入ったデザイン。神奈川県警察は県鳥であるかもめに「Kanagawa Police」のKとPをデザインした県警のシンボルマーク、千葉県警察は「Chiba Police」のCとPをデザインした県警のシンボルマークに赤く入っています。

警察庁のエンブレムは国旗の日の丸

埼玉県警察のエンブレムは県鳥のシラコバトが描かれたデザイン、茨城県警察は県花である薔薇をデザイン、群馬県警察は「群」の字の偏とつくりをタテに組み合わせた文字のまわりに赤城山・榛名山・妙義山の「上毛三山」を配置した群馬県紋章を取り入れています。

このほか、北海道警察なら北海道章と呼ばれる七光星のシンボルマーク、青森県警察なら県民鳥である白鳥を図案化したシンボルマーク、福岡県警察なら県花である梅を形どったシンボルマークといった具合です。

なお、警察庁のエンブレムには国旗である日の丸が入っているほか、皇宮警察は桐紋が描かれています。職務質問など警察官に近づく機会があったら、階級章だけでなく右腕のエンブレムにも注目したいところです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事