ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察への開示請求でわかった新型オービスの性能

「オービス」とは、路上に設置されたカメラと赤外線ストロボで自動撮影する無人式の自動速度違反取締り装置のこと。日本に初めて登場したのは1970年代まで遡ります。当初はループコイルによる速度測定でしたが、後にレーダー式が主流になりました。そして今、より小型で可搬式の新型オービスが急増しています。


警察への開示請求でわかった新型オービスの性能

オービスの取扱説明書を開示請求

日本における自動速度取締り装置の始まりは、東京航空計器の「オービスⅢ」という装置でした。この名称が知れ渡ったため一般名称化し、路上の自動速度取締り装置全般を「オービス」と呼称するようになったわけです。

東京航空計器は「ループコイル式オービス」「LHシステム」を長年にわたり開発・提供してします。設置形態は異なるものの、どちらのオービスも道路に埋設されたループコイルの磁気で速度を計測する仕組みです。

一方、10.525GHzのレーダー波で取り締まる「レーダー式オービス」は旧松下通信工業など、「Hシステム」は三菱電機が製造していました。こうした、レーダー波の周波数や、測定可能距離などは各メーカーの取扱説明書に書かれています。

とはいえ、その取扱説明書は大手家電メーカーのテレビやレコーダーように、公式サイトで公開されていません。基本的には警察に出向き、「開示請求」をして入手する必要があります。

新型オービスの仕様の一部が明らかに

こうした開示請求により入手した資料の一部によって、各オービスの正式名称や型番、仕様の一部などが明らかになってきました。例えば、東京航空計器の可搬式の新型オービスの名称は「可搬式速度違反自動取締装置」です。

具体的な型番は「LSM-300」であり、計測方式は「レーザースキャン方式」となっています。レーザーパトカーに載っている装置の型番は「LSM-100」で、名称は「車両速度計測装置」です。

また、センシス社の新型オービスについては、代理店の沖電気工業が取扱説明書を作成しています。タイトルは「速度取締装置」で、それぞれ固定式を「SWSS」、可搬式を「MSSS」として仕様を解説しています。

固定式のSWSSが違反車両を撮影するポイントは28m、撮影された写真はカラーで、ストロボは白色と記載されていました。また、可搬式のMSSSのレーダー照射角は水平29度、でレーダー波は24GHz帯を使用しています。(写真提供/オービスガイド)

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事