ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

交通違反「取り締まり専門」白黒パトカー判別法

白黒パトカーには大きく2タイプあります。「交通パトカー」と「警らパトカー」です。交通パトカーが交通取り締まりを任務としている一方、警らパトカーは街中を巡回して不審な人や物を見つけて捜査するのが任務。交通違反を専門に取り締まる交通パトカーを見分ける方法を見ていきましょう。


交通違反の「取締り専門」の白黒パトカー判別法

交通機動隊のパトカーは性能が違う

交通機動隊は警視庁や各都道府県の交通部にある部署で、通称「交機」と呼ばれています。交通違反の取り締まりを専門としていて、パトカーや白バイを使って主に幹線道路での取り締まりを行っているのです。

そんな交通機動隊は、街中を巡回する警らパトカーと性能が違う交通パトカーを使用しています。もっともよく見かける200系クラウンの白黒パトカーは、警らパトカーも交通パトカーもロイヤルベース。外観上の違いは赤色灯の乗せ方です。

交通パトカーは空力特性やトップヘビーの重量バランスを考えてか、散光式赤色灯がルーフに直接取り付けられています。一方の警らパトカーは、赤色灯昇降装置が収納されている白いボックスの上に赤色灯が取り付けられているのです。

交通機動隊のパトカーはアスリート

同じロイヤルベースでも、警らパトカーは2,500ccの廉価版で、交通パトカーは3,000ccのハイパワーモデル。250馬力オーバーの加速で接近されて、追尾式のスピード取り締まりの餌食となってしまいます。

最新の210系クラウンに関しては、外観にもっと大きな違いがあります。警らパトカーが2,500ccモデルのロイヤルベースであるのに対して、交通機動隊の交通パトカーはアスリートをベースにした3,500ccのエンジンを搭載しているのです。

このため、210系クラウンの交通パトカーは赤色灯の取り付け方だけでなく、顔つき自体もまったく異なっています。加えて、交通パトカーの前面警光灯の取り付け位置が、覆面パトカーと同じフロントグリル内になっているのも特徴です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事