ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ドラマほど派手じゃない捜査一課の仕事と給料

捜査一課は殺人や強盗といった強行犯を扱う部署。警察ドラマにもよく登場するだけに、誰でも一度は憧れたことがある職業でしょう。ただし、実際の捜査一課の刑事の仕事はドラマによって作られたものであることがほとんど。そこで、警視庁捜査一課の元刑事にリアルな仕事と給料について教えてもらいました。


ドラマほど派手じゃない捜査一課の仕事と給料

捜査一課は朝の8時半から捜査会議

よくドラマなどでは、何日も家に帰れていない刑事が出てきますが、実際に人によっては2か月、3か月帰らないこともあるとか。ただし「何時に仕事が終わろうとも朝は8時半から」と話します。

一般的に刑事は、そういうリズムで仕事する人が多いようです。「特に捜査一課に関しては多いかもしれません。ただ、帳場が立つと捜査一課でも捜査二課でも、部署に関係なく家には帰らなくなるんじゃないですかね」とのこと。ちなみに「帳場」とは「捜査本部」を表す警察用語です。

事件従事中の捜査一課の刑事の1日は、8時30分からの捜査会議で始まります。その日の捜査方針や前日までに収集した情報を整理するための会議は1~2時間ほど。そして、そのあとは終日捜査です。

捜査は聞き込みだったり、尾行だったり張り込みだったりと、事件内容や捜査状況により担当はさまざま。日が出ているうちは各自が受け持ちとなっている捜査を行います。

捜査一課は他の部や課と給料は同じ

そして、22時には捜査会議。その日の捜査結果を各捜査員が報告し合い、今後の捜査方針や捜査内容を検討します。時間にしてだいたい2~3時間ほど。24時ごろからようやく、各種書類の作成を行ったり、その日1日の捜査結果を整理する個人業務となります。

業務の終了時間は個人やその日によってまちまち。24時ごろに終わることもあれば翌朝5時ということもあります。ただし、翌日の開始時間が8時半ということは変わらないわけです。

ドラマに描かれるなど花形部署というイメージがある捜査一課の刑事ですが、仕事の内容はかなりタフ。それでも頑張れるのはやりがいだといいます。「帳場が立てば所轄の警察とタッグを組んで捜査するワケですが、基本的には捜査一課が主導権を持ちます。そうなると当然、事件に対する責任も捜査一課の方が大きい」のです。

そんな捜査一課の刑事は危険性を伴う仕事でありながら、他の部や課と給料は同じ。「警察には他の公務員と給料はそれほど変わらない中で、骨身を削って頑張っている連中がいっぱいいるんですよ」と話してくれました。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事