ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

マウスウォッシュで飲酒検問に引っかかるか検証

洗口液の「マウスウオッシュ」には、アルコール成分が多く含まれいて、飲酒検問にひっかかるとウワサされていますが、本当なのでしょうか? マウスウォッシュで口をすすいでから、3分ごとにアルコール含有量を測定しました。マウスウォッシュ後にハンドルを握るなら15分後以降が安全のようです。


マウスウォッシュで飲酒検問

マウスウォッシュのアルコール含有量

酒気帯び運転となるアルコール量の数値は0.15~0.25mg/lで違反点数13点、0.25mg/l以上で違反点数25点となっています。そこで、マウスウォッシュで口をすすいでから、3分ごとにアルコール含有量を測定してみました。洗口直後は全製品でアルコール含有量が酒気帯び運転の基準値以上の1.00mg/lです。

これが飲酒検問などで酒気帯び運転にならない0.15mg/l以下になった時間を調べました。測定機材は中央自動車工業の「SC-403」。0.01mg/l単位で計測できます。

アース製薬の「モンダミン」(80ml・181円)は、1987年発売の元祖マウスウオッシュ。低刺激性を重視しているようで、洗口直後の1.00mg/lから3分後には、0.60mg/lと数値が急落。アルコール成分を抑えているようです。基準値以下の0.09mg/lになったのは12分後でした。

ジョンソン・エンド・ジョンソンの「LISTERINE」(100ml・270円)は、すすいだあと3分後も1.00mg/lをキープ。12分後も唯一0.15mg/lをマークするなど、アルコールの持続性が強めの印象です。基準値以下の0.07mg/lとなったのは15分後でした。

アルコール成分の低下が早い洗口液

ライオンの「NONIO」(80ml・213円)は、口臭予防がウリで天然ミントの味わいが特徴です。刺激は弱く感じますが、エタノールはしっかりと効いています。12分経過後に、基準値の0.15mg/lを下回るという平均的な結果でした。

花王「ピュオーラ」(42ml・563円)は、他のマウスウォッシュが1回20mlを推奨する中、半分の10mlでOK。それが功を奏したのか、9分の時点で0.13mg/lという基準値以下の数値が出ました。運転する直前に洗口する人には最適といえます。

マツモトキヨシの「マウスウオッシュ」(770ml・410円)はマツキヨのPB商品。10ml当たり5.3円と、他製品の半額でお得感があります。1回の容量は10~15mlなので、最大値の15mlで実験しました。その結果、9分で基準値以下の0.14mg/lとなってアルコール成分の低下が最も早い洗口液でした。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事