ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

速度違反の取り締まりでの「温情」は大きな誤解

一般道で時速30km以上オーバーで速度違反の取り締まり。「本来なら赤キップになるところを29kmオーバーの青キップにしてもらった」など、警察官に「温情」をかけてもらった話を聞いたことがあるはず。はたして、速度違反などの取り締まりに警察官が温情をかけることは実際にあるものなのでしょうか。


速度違反の取り締まりでの「温情」は大きな誤解

赤キップの速度違反を青キップにした

一般道での時速30kmオーバーの速度違反は、赤キップで違反点数が6点。免許取り消しなどの前歴がなくても、一発で免許停止になります。超過速度が時速25km以上30km未満なら青キップで3点なので、累積点数がなければ免停にはならず、反則金を支払えば手続きは済んでしまいます。

はたして、警察の取り締まりに赤キップを青キップにするような「温情」はあるのでしょうか。元交通機動隊関係者に聞いてみました。「今はストップメーターがデジタル式になり、そういうことはありません」とのことです。

ただし「昔はアナログの針式だったので『右から見てみなさい』と、例えば法定速度60kmの一般道で時速90km出した違反者をギリギリ時速89kmにして青キップの速度違反で取り締まることもありました」といいます。

速度違反などのいくつかの違反を考慮

とはいえ「それは相手に得させた気にさせて素直にサインさせるためです」とのこと。警察の速度違反取り締まりに温情はありましたが、それはあくまで素直にサインに応じさせるためだったようです。

元交通機動隊関係者いわく、そのほかの交通違反でも反省しているなと思った場合には、シートベルトや速度違反、右左折禁止などいくつかの違反を一発免停にならないように考慮したケースもあるといいます。

一方で、速度違反などを見逃してもらうために現金を渡そうとする人もいるとか。「そういう人はたいていまた違反を繰り返すもの。あの時の警察官は見逃してくれたなどと広まったら大問題。そういうものが通用することはありません」と話してくれました。交通ルールを守って、安全運転を心がけましょう。

■「交通違反」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
一時停止違反は証拠がないと警察は立証できない
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
交通違反の赤キップと青キップの違いとは?
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?
交通違反の点数は減点ではなく加点するシステム
免許取り消し「点数が引かれる」間違いだった
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐禁ステッカーは破り捨てても何の問題もない
路上駐車をしても違反キップを切られない場所

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事