ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

アルコール分解アイテムの効果を体を張って検証

2007年9月の道交法改正で、酒気帯び運転の刑事罰が「3年以下の懲役、または50万円以下の罰金」となるなど、厳罰化が進む飲酒運転。飲酒運転は絶対NGですが、飲酒後のアルコールは早く抜けるに越したことはありません。翌日にお酒を残さないための酔い覚ましアイテムを体を張ってチェックしました。


アルコール分解アイテムの効果を体を張って検証

アルコール分解を促進する薬やサプリ

「飲んだら乗るな」は当たり前ですが、前日に飲んだお酒がなかなか抜けないのは困ります。うっかり飲酒運転…なんて事態を回避するために役立ちそうなのが、アルコールの分解を促進するという薬やサプリです。ここではアルコールを素早く抜くために、何を摂取すべきかを6つのアイテムで比較検証しました。

被験者は40歳男性。実験方法は、10分程度かけて発泡酒350ml1本(アルコール度数5%)を飲酒し、10分後にアルコール分解に効果があるといわれている薬やサプリを摂取。15分ごとに吸気中のアルコール濃度を測定し、2時間後までの数値を比較しました。

今回使用したアルコール検知器は、官公庁でも採用されている中央自動車工業「ソシアックα SC-402」。その精度は警察お墨付きです。実勢価格は11,600円となります。

入手しやすいアルコール分解アイテム

まずは、飲酒後に薬やサプリを一切口にせずに、アルコールが自然に分解される推移をチェック。15分後は0.53mg/lと非常に高い数値でしたが、約1時間後には酒気帯びの基準値である0.15mg/lを下回る値まで低下。約2時間後にはゼロになりました。これを基準に、それぞれの効果を比較してみましょう。

大塚製薬の「ポカリスエット」は、肝臓がアルコールを分解するのに必要な糖分と水分を兼ね備えた、スポーツドリンクの代表格。摂取後15分程度で値の低下が見られ、45分で酒気帯びの基準値を下回りました。

発泡酒350mlに対してポカリが500mlと、用量は多いですが、入手のしやすさと即効性という意味では使い勝手の良いアルコール分解アイテムといえるでしょう。数値がゼロになったのは105分後でした。実勢価格は110円です。

酔い覚ましの定番といえばウコン。中でも特に強力そうなゼリア新薬の「ヘパリーゼWプレミアム極」をチョイス。肝臓エキスを400mg配合し、ウコンに至っては吸収率を高めるためにコショウ抽出物でブーストされています。

コンビニ売りで1本1,000円近いながらも、価格なりの効果はアリ。スタートダッシュは遅いものの、90分後と最も速く値がゼロになりました。実勢価格は950円です。


肝臓でのアルコール分解に糖分は必須

エスエス製薬の「ハイチオールCプラス2」は、シミや疲れを“代謝”によって改善するという第3類医薬品。ビタミンCも含んでおり、二日酔いの改善にも効果があるといいます。

結果は、幸先よく30分で酒気帯びの基準値まで低下。途中で効果が切れたのか一瞬上昇に転じるも、その後再び下がって120分で数値がゼロになりました。吸収に時間がかかるのか、下がり方は緩やか。実勢価格は1,078円です。

コンタツの「琉球酒豪伝説」はAmazonで見つけた、いかにもなネーミングの酔い覚まし錠剤。琉球大学と共同研究したという商品で、主成分はウコンエキス、二日酔いや美容に効果があるようです。数値としては何も飲んでいない時とほぼ同じ推移。とはいえ、翌日はスッキリ目覚めることができました。実勢価格は1,762円です。

肝臓でアルコールを分解するのに糖分は必須。ならば純粋な糖分である「ブドウ糖」だけを摂取するのは、どうでしょう。

飲酒後に1粒摂取すると、直後に値が低下。しかし、途中で効果が切れたのか45分ごろから逆に急上昇してしまいました。即効性という意味では非常に優秀だったので、断続的に摂取し続ければ効果が出るかもしれません。大丸本舗のブドウ糖は実勢価格203円です。(文/pusai)

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事