ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

アルコール分解薬で酒酔い以下になるの何分後?

厳罰化が進む「飲酒運転」。お酒を飲んで運転するのは絶対にNGですが、飲酒後のアルコールは、できるだけ早く分解して翌日に残したくないものです。というわけで、市販の「アルコール分解薬」の効果を飲み比べて検証してみました。はたして、アルコール分解薬を飲むことでアルコールが分解される時間は早くなるのでしょうか。


アルコール分解薬で酒酔い以下になるの何分後?

4種類のアルコール分解をテストした

「アルコール分解薬」というと、飲酒運転から逃れることを目的とするようなドリンクや錠剤を思い浮かべる人も多いでしょう。しかし、最近はそうした怪しげなアイテムは姿を消し、アルコール分解を担う肝臓の機能促進アイテムが増えています。

肝臓のアルコール分解は「アルコール→アセトアルデヒド→アセチルCoA→水と二酸化炭素」の3段階。どの段階を促進させるかで、分解成分が異なります。

今回は、4種類のアイテムでアルコール分解のテストを実施しました。ちなみに、500mlビール1缶の飲酒後に何も飲んでいない場合は、酒気帯びの基準値0.15mg/lになったのは「90分後」です。

ハウスウェルネスフーズの「ウコンの力SUPER」(120ml・306円)は、肝臓のアルコール処理能力を高めるウコンを配合したドリンク。ぶどう糖も含有していて、アルコール摂取による低血糖をサポートします。基準値である0.15mg/lになったのは「60分後」。トップクラスの良好な測定値でした。

肝臓のアルコール分解機能を促進する

クラシエ薬品の「黄連解毒湯エキス顆粒」(1g×45包・2,695円)は第2類医薬品で、「おうれんげどくとう」と読み方が難解な漢方薬。身体を冷やして熱を取ることで皮膚炎や口内炎に効能がありますが、二日酔いにも効果があるとされます。基準値である0.15mg/lになったのは「60分後」。良好な結果でした。

味の素の「ノ・ミカタ」(3g×8包・598円)は、アミノ酸アラニンの摂取により、肝臓のアルコール分解機能を促進。顆粒タイプのためか、効き始めたのは30分。途中の低下は遅い一方で、最速の135分で0.00mg/lへ到達しました。基準値である0.15mg/l以下になったのは「90分後」です。

サモリットの「KISLip」(2.4g×3包・2,139円)は、アルコールとアセトアルデヒドの分解酵素を含有したサプリメント。肝臓を酷使することなく、酵素によりアルコールを分解します。服用後は60分過ぎから効き目を発揮して、基準値である0.15mg/l以下になったのは「75分後」でした。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事