ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警視庁捜査一課だけ付けられる「赤バッジ」とは

警視庁や道府県警本部にある「刑事部」とは、その名の通り「刑事事件」を扱う部署。その中でも殺人や強盗といった強行犯、さらには誘拐・人質立てこもりといった特殊犯を扱うのが、警察ドラマなどでもおなじみの「捜査一課」です。花形部署といわれる捜査一課の刑事の仕事と待遇について見ていきましょう。


警視庁捜査一課だけ付けられる「赤バッジ」とは

警視庁捜査一課は管理官の下に理事官

捜査一課は各「係」に分けられていて、捜査自体は各係の捜査員が班を組んで行います。班をまとめるのが「係長」で、すべての係を統括するのが「捜査一課長」です。

係長と課長の間には、課長の補佐的な役割を担う「理事官」とその下に位置する「管理官」という役職があります。管理官の仕事は事件発生時に現場に向かい、捜査本部が設置されたときは陣頭指揮を行うという実質的な統括業務。理事官が置かれているのは警視庁だけで、ほかの本部では管理官がナンバー2となります。

警察ドラマで日々犯人を追う刑事たちとは違い、実際の捜査一課の刑事たちが日常的に追われている仕事とは、意外なことに地味な内容がほとんど。緊急の事案を抱えていなければ、朝7時半から8時半の出勤と同時に、捜査状況を確認する捜査会議が行われます。

その後、必要があれば聞き込みや張り込みの「外回り」に出かけますが、必要がないときに待ち受けているのが、事件報告などの書類整理。警察といえども役所のひとつなので、申請や報告などはすべて書類によって行われるからです。

警視庁捜査一課だけが付ける赤バッジ

午後からは外回りがメインとなり、緊急事案がなくとも地域の有力者や協力者を訪ねて話を聞いて情報収集。通称「檀家まわり」と呼ばれ、有力情報を得ることで事件の解決に結びつけたり、事件発生を未然に防いだりするのに役立てています。

捜査一課は花形部署ともいわれ、特に警視庁では捜査一課の刑事だけが「S1S(サーチ・ワン・セレクトの意)」という金文字の入った金枠付きの赤い丸バッジを装着。関係者の間では「一課の赤バッジ」と呼ばれています。

ただし、異動が頻繁な警察においては、捜査一課も例外ではありません。次の異動でほかの部署に回される可能性もあります。つまり、いくら花形部署に在籍しているからといって、日頃からほかの部署を見下すような態度を取れば、異動した際にしっぺ返しを食らうこともありうるのです。

ちなみに、捜査一課の仕事は刑事事件を扱うため危険を伴う仕事ではありますが、待遇はほかの部や課と変わりません。このため、最近の若い警察官は捜査一課を敬遠する傾向もあるようです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事