ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

覆面パトカーが速度取り締まりで潜んでいる場所

覆面パトカーによる速度取り締まりは「追尾式」という手法がとられます。覆面パトカーは違反車の背後から近づいて、同一速度で走行して速度を測定。パッシングでようやくその覆面パトカーに気づくケースもあるほどです。覆面パトカーが速度取り締まりで潜んでいる場所を知っていて損はありません。


覆面パトカーが速度取り締まりで潜んでいる場所

覆面パトカーは本線の脇道に潜伏する

覆面パトカーの速度取り締まりで潜んでいる場所は、逆にいえば勢いよく飛ばしてくる違反車と巡り合いやすいポイントともいえます。覆面パトカーは基本的に本線を流して待つか、サービスエリアの出口付近で待ち伏せするのが基本です。

覆面パトカーの待ち伏せパターンでは、本線が見渡せる脇道も潜伏場所。ここから違反車に目を光らせています。明らかなスピード違反の車両を見つけると、タイミングを合わせて本線に入って追走するわけです。

本線を流すときによく潜んでいる場所が、高速道で第1通行帯を走る大型トラックの前。一般車を装った覆面パトカーが、違反車が来るのを息を殺して待っているのです。

覆面パトカーは集団に紛れて走行する

ただし、違反車が追い越し車線を飛ばしていっても、覆面パトカーはすぐに車線変更しません。違反車は真後ろから追い上げてくる、自分より速いクルマには敏感。覆面パトカーは、第1通行帯を走りながら違反車との距離を詰めていくのです。

また、高速道路は各車がバラバラに走っているように見えて集団を形成しながら走っています。そうした集団も、覆面パトカーが潜んでいる場所のひとつ。集団を抜け出すクルマや、後方から追い抜いていく違反車を取り締まるわけです。

とはいえ、なかなか違反車が来ないこともよくあること。そんな時は一旦、パーキングエリアに入ってリセット。次の集団が来るのを待って合流していきます。

そんな覆面パトカーの簡単な見分け方は、追い抜くクルマの車内をよく見ること。青い制服の隊員が2人乗っていたら、交通機動隊もしくは高速隊の覆面パトカーであるということです。

■「パトカー」おすすめ記事
交通機動隊と自動警ら隊のパトカーは何が違う?
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
パトカーの危険度は赤色灯の形状で見分けられる
パトカーはサイレン音を聞けば緊急性が判別可能
パトカーの車種が「クラウン」ばかりな理由とは
警視庁のパトカーにある「漢字+数字」の読み方
目撃情報が相次ぐ「レーザーパトカー」の取締り
緊急走行時でもパトカーには制限速度があった!?
制限速度ナシのパトカーはどうやって見分ける?
白黒パトカーや覆面パトカーの気になる値段は?

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事