ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

可搬式オービスに対応した最新レーダー探知機

「LSM-300」をはじめとする可搬式レーザーオービスが全国の都道府県警に続々と導入され、各地で神出鬼没の取り締まりが行われています。そうした無用な取り締まりを受けないために有用なのが「レーザー対応」のレーダー探知機です。普及が進む可搬式オービスを事前に警告してくれます。2021年発売の最新モデルをチェックしました。


可搬式オービスに対応した最新レーダー探知機

可搬式オービスにも対応した一体型

可搬式のレーザーオービスに対応したレーダー探知機には、レーザーを受信する受信部を本体(ディスプレイ)背面に搭載した「一体型」と、本体とは別に設置する「セパレート型」があります。

一体型は本体をダッシュボード上などに設置すればすぐに使え、セパレート型は受光部を前方に取り付ければディスプレイを好きな場所に設置できるというメリットがあります。

コムテックの「ZERO 709LV」は、本体背面に超広角レンズとセンサーを4基搭載する一体型モデル。より広い範囲をカバーするのが特徴で、さらに従来のレーダー波(Kバンド)の識別が可能になったことで、オービス以外の誤警報を抑制し、受信精度も大幅に向上しています。

レーザー/レーダー受信に加え、あらかじめ登録されたGPSデータによる警告も行うことで、幅広いオービスに対応しているのがポイントでしょう。

可搬式オービスの場所を共有できる

「ZERO 709LV」の特徴的なオプション機能がレーザー&レーダー取締共有システム。これはこのシステムを搭載した同社製レーダー探知機がレーダーやレーザーを探知した場所を専用サーバーに送信し、サーバーを介して取り締まり情報を共有できるシステムです。

直進性の高い可搬式オービスのレーザーによる取り締まりは、障害物などによる影響を受けやすく、先行車や取り締まり機の設置状況によっては警告が間に合わないこともあります。しかし、このシステムを使うことで取り締まりポイントの最大1km手前から事前の警報が可能になります。

場所や時間が不確定な可搬式レーザーオービスの場所をリアルタイムで共有できる上、より確実なGPSによる警告を行えるのは大きなメリットといえるでしょう。

ちなみに大阪などに設置されている「固定式」のレーザーオービスについては、あらかじめ登録されたGPSデータによる警告を行います(一般道は1㎞手前、高速は2㎞手前)。新たに設置された固定式レーザーオービスは、レーザー受信による対応も可能なほか、随時更新される無料のGPSデータでもカバーします。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事