ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ディスプレイなし「オービス探知機」最新モデル

最新のレーダー探知機は、レーザー/レーダー受信とGPSにより各種オービスを警告する仕組みです。このため、受信機能はレーザーのみ対応としてレーダー受信機能を省いたモデルもあります。また、GPS受信専用モデルもあり、どちらもシンプルな機能が特徴です。ディスプレイなし「オービス探知機」の最新モデルを見ていきましょう。


ディスプレイなし「オービス探知機」最新モデル

レーザー受光部付きのオービス探知機

ディスプレイなし「オービス探知機」は「ダッシュボードがナビやドラレコで満席…」というユーザーの選択肢になるもの。価格が手頃なのもメリットです。

セルスター工業のディスプレイなしオービス探知機「GR-99L」は、本体がレーザー受光部のみの構成で、音声とLEDで各種警告を行ってくれます。

LEDによる警告は「赤」が速度取り締まり機、レーザー式オービス、信号無視監視機など、「黄」が取り締まりポイント、新型取締機設置ポイント、Nシステム、ゾーン30など、「青」が急カーブ、高速道路凍結注意などといった仕様です。

GPS受信に特化したオービス探知機

レーザー受信はもちろん、GPSでの警告もオービスをはじめNシステムや取り締まりポイント、待ち伏せエリア、ゾーン30など他のレーダー探知機と同等です。価格は9,980円となっています。

コムテックのディスプレイなしオービス探知機「ZERO 108C」は、GPS受信に特化したモデル。シガーソケットに挿すだけで使えるシンプルな仕様が特長です。

面倒な配線が不要な上、各種オービスはもちろん取り締まりエリアやゾーン30といった18万件以上のGPSデータを利用可能。警告は音声と5色のLED表示で行います。価格は12,980円です。

■「レーダー探知機」おすすめ記事
新型オービス対応のレーダー探知機は何が違う?
オービスはGPSレーダー探知機じゃないと無理
Nシステムは通行車両のナンバープレートを撮影
LHシステムは全国的に配備が進むオービスの主流
オービスの種類と特徴はしっかり頭に入れておく

■「速度違反」おすすめ記事
スピード違反のネズミ捕りを察知する5つの方法
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
移動式オービスにも対応する検知アプリの選び方

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事