ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

移動式オービスを200m手前で察知した最新モデル

2021年3月末時点で、全国の警察に導入された移動式オービスは99台。そのほとんどが「LSM-300」「LSM-310」といった「スキャンレーザー式」のオービスです。こうしたレーザー式オービスに対応したレーダー探知機のパイオニアといえるのが、2019年に国内で初めてレーザー対応モデルを発売したユピテルでしょう。


移動式オービスを200m手前で警告した最新モデル

ユピテルのLS710は200m手前から反応

そんなユピテルのレーダー探知機最新モデルが「LS710」です。専用設計された高利得アンプICを搭載することで、初期モデルに比べて探知性能が約40%アップし、さらに広範囲な探知を実現しているといいます。

その実力を実際にチェックしてみたところ、レーザー式オービスへの対応はバッチリ。テスト中に遭遇した移動式オービス「LSM-300」にも、約200m手前からしっかり反応しました。

移動式オービスの車両検知区間は70m手前といわれています。LS710はオービスを目視できない離れた距離でもアラートや表示で警告してくれる設計。余裕を持って対応できるでしょう。

LS710は従来のオービスにはGPSで対応

LHシステムをはじめとした従来の固定式オービスは、GPSを使って警告してくれる仕組み。移動式オービスについても、過去に取り締まりが行われた場所があらかじめ登録されており、接近すると注意を促してくれます。

LS710の受信方式はスイープオシレーター式ダブルスーパーへテロダイン方式(レーダー部)、32chパラレル受信(GPS部)です。対応衛星はガリレオ、グロナス、準天頂、ひまわり、GAGANとなっています。

無線受信は14バンドです。サイズ/重さは106W×60H×12Dmm/93g(本体)、84W×21H×49Dmm/130g(アンテナ)。実勢価格は39,600円です。

■「移動式オービス」おすすめ記事
移動式オービスの光る様子がわかるYoutube動画
移動式オービスは夜間も複数車線を同時測定する
スピード取締りが変わる「移動式オービス」とは
移動式オービスにも対応する検知アプリの選び方
移動式オービスiMはレーダーで車速を計測する

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事