ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スピード取締りが変わる「移動式オービス」とは

警察によるスピード取り締まりは大きく「有人式」と「無人式」の2パターン。そして、このうち無人式がいわゆる「オービス」です。オービスはの設置には大掛かりな工事が必要で、高速道路や幹線道路での利用がメイン。しかし、通学路など生活道路での事故対策に「移動式オービス」が登場したのです。


スポンサーリンク
スピード取締りが変わる「移動式オービス」とは

移動式オービスは生活道路に設置

有人式とは警察官が現場で行う取り締まりで、ネズミ捕りやパトカー追尾式などがそれ。一方、無人式とは、路上に設置されたカメラと赤外線ストロボでスピード違反者を自動的に撮影する固定式のもの。これがいわゆる「オービス」です。

無人式の自動取り締まり機は、Xバンド(10.525GHz)のレーダー波を使って車速を測定する「レーダー式オービス」と「Hシステム」。そして、近年主流になっているのが、道路に埋め込まれたループコイルによって測定する「ループコイル式オービス」と「LHシステム」です。

さらにこの4種類に加えて、固定式・半可搬式・可搬式という3種類の「移動式オービス」が登場しています。小型で融通がきくため、事故の発生状況などに合わせて生活道路などにも柔軟に設置できるのが特徴です。

移動式オービスにレーザー式が採用

移動式オービスのうち「固定式」は、埼玉県と岐阜県に設置されています。ドップラーレーダーで計測し、上下に走る赤いLEDによるワーニングライトや「クルマに注意して下さい」などの音声で警告する仕組み。かなりコンパクトな設計ではありますが、設置工事を必要とします。

移動式オービスの「可搬式」は、ストロボと感知部を三脚に乗せて使用するタイプ。計測方法はドップラーレーダーで、分解して持ち運ぶことができます。

そして、最も注目されている移動式オービスが「半可搬式」。トラックなどで運ぶサイズになります。当初は速度計測がレーダー式でしたが、2016年からはレーザー式が採用されました。そして、今後はこのレーザー式によりスピード取り締まりが増えると予想されているのです。

■「スピード違反」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?
LHシステムは全国的に配備が進むオービスの主流
オービス検知アプリは新型オービスにもすぐ対応
オービスの種類と特徴はしっかり頭に入れておく
各地で導入される移動式オービスは可搬式が多い
新型オービスの登場で変わる速度取り締まり対策
ネズミ捕りフラグは道路脇に置かれたパイロン

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事