ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Googleストリートビューをスマホで楽しむ方法

今やお出かけに欠かせない存在ともいえる「Google マップ」。その機能の一つに「ストリートビュー」があります。Googleが各地の道路を巡って撮影したその場の景色が見られるというもの。以前はパソコンがないと使えませんでしたが、ストリートビューはiPhone、Androidとも対応になりました。


Googleストリートビューをスマホで楽しむ方法

ストリートビューでスマホの道案内

外出先で道に迷ったりした場合、頼りになるのがスマホの地図機能です。なかでも、Googleマップは詳細な建物情報も取り入れているため、iPhone派の人でも利用する人が多いでしょう。

Googleマップの機能のひとつに、ストリートビューがあります。ストリートビューは、Google自ら自動車などを走らせて道路からの風景を撮影。地図と連動してその場の景色を表示する機能です。最近は、ユーザーからの投稿画像も追加され、充実度が進んでいます。

ストリートビューを使うと、出先で道に迷った際に付近の景色が確認できるので、スマホの道案内の助けになります。また、実用とは別に世界各地の観光名所を表示するなど、家にいながら観光気分を楽しむ、といった使い方もできます。

ストリートビューはアプリが便利

iPhoneでストリートビューを使うには2つの方法があります。ひとつは専用アプリ「Google ストリートビュー」を使うもので、iPhone用・Android用がそれぞれ用意されています。

googleストリートビューを起動すると、Googleマップと似たような地図画面が現れます。スマホ版Google マップと違うのは、地図を拡大していくとストリートビューがある道路が水色の線で現れるところです。

この線上をタップすると、その場所から一番近いストリートビューが表示されます。画面をスライドすると見る方向が変わり、画面上の矢印をタップしたり水色の線ををスライドさせると、その方向へ表示場所が進んでいきます。


Google マップでストリートビュー表示

そして、もう一つの方法はGoogle マップからストリートビュー画面を表示するものです。地図上でストリートビューを見たい場所を長押しすると、画面左下にストリートビューの小さな画面が出てきます。

この画面をタップするとストリートビューモードへ入ります。画面をスライドすると見る方向が変わるのは専用アプリと同じで、場所を動きたいときは画面に表示されている水色の線をタップしながらスライドします。

ただし、交差点を曲がったりするときに癖のある動きをするので、使い勝手は専用アプリの方が上。また、Google マップは建物内のインドアビューなど対応していない機能もあるので、専用アプリの方がサクサク楽しめるでしょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事