ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

犯罪映画に出てくる「飛ばし携帯」の新たな手法

犯罪ものの映画やドラマで出てくる「飛ばし携帯」。他人名義や架空名義で契約され携帯電話なので、その電話番号から辿られても本人が特定されません。かつては身分証不要のプリペイドケータイが多用されましたが、今は登録が必須。そこで、飛ばし携帯には新たな手法が生み出されています。


犯罪映画に出てくる「飛ばし携帯」の新たな手法

飛ばし携帯は使い捨てるのが一般的

飛ばし携帯の新たな手法が、海外用の「プリペイドSIMカード」と「SIMフリー端末」の組み合わせです。海外のプリペイドSIMカードは、Amazonなどのネット通販サイトで簡単に購入することはできます。

ただし、ネット通販ではSIMカードの番号が控えられている可能性がある上、通販サイトの購入履歴から足がついてしまうでしょう。そのため、飛ばし携帯のプリペイドSIMカードは実店舗で購入するといいます。

海外出張をするビジネスマン向けに、世界各地のプリペイドSIMカードを扱っている専門店や、外国人向け食材店の店頭で入手可能。身分証明書の提示は不要です。ただし、海外のプリペイドSIMカードは何種類も販売されています。その中から日本で開通でき、ローミングで使えるものを選ばなければなりません。

プリペイドSIMカードは追加でチャージも可能ですが、支払いはクレジットカード。匿名を貫くために、飛ばし携帯は使い捨てするのが一般的のようです。

飛ばし携帯は自宅付近では使わない

一方の飛ばし携帯の端末はどうしているのでしょう。携帯電話にはIMEIという端末識別番号が割り振られています。製造メーカーやシリアル番号などが含まれており、同じ番号は1つとして存在しません。

通信の際には、このIMEIとSIMの固有番号がセットで通信業者に送られます。つまり、海外のプリペイドSIMカードを使ったとしても、キャリアと契約した端末の場合は、IMEIから足が付いてしまうのです。

飛ばし携帯で契約せずに端末を手に入れるには、東京・秋葉原などの店舗でSIMフリー端末を購入するといいます。この場合も、身分証明書の提示は不要です。一部の端末では、IMEIの書き換えが可能。対応端末であれば、究極の飛ばし携帯が完成します。

ただし、キャリアの通話ログには、端末と発信場所の情報が残ります。おおまかな場所は特定できてしまうので、飛ばし携帯は決して自宅やその付近では使いません。電源を入れるのも避けます。そして、使い終わったら必ず電源を切るのでした。

また、飛ばし携帯は同じ端末をある程度の期間使ったら処分するか、IMEI番号を書き換えるのが基本。同じ端末、同じIMEIを使い続けていると位置を割り出されやすくなるからです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事