ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

犯罪映画に出てくる「飛ばし携帯」はどう調達?

犯罪ものの映画やドラマで登場するのが「飛ばし携帯」。名前や住所など個人情報が追跡できない携帯電話で、電話番号から辿られても個人が特定されません。かつては身分証不要のプリペイド携帯が多用されましたが、今は登録が必須。現在、飛ばし携帯はどのような手法で調達されているのでしょう。


犯罪映画に出てくる「飛ばし携帯」はどう調達?

飛ばし携帯はかつてはプリペイド携帯

プリペイド携帯とは、あらかじめ料金を前払いしておく方式の携帯電話サービス。当初は身元の確認なしで購入できたため、「飛ばし携帯」として振り込め詐欺やオークション詐欺などで悪用され、本人確認の強化が行われるようになりました。

そして、飛ばし携帯の次なる手法として台頭してきたのが「海外用プリペイドSIMカード」と「SIMフリースマホ」の組み合わせです。

海外用プリペイドSIMカードは日本でも簡単に購入できます。ただし、Amazonなどのネット通販サイトでも取り扱いはあるものの、SIMカードの番号が控えられている可能性がある上、通販サイトの購入履歴から足がつくかもしれません。

このため、飛ばし携帯に使用する海外用プリペイドSIMカードは実店舗で購入。海外出張をするビジネスマン向けに、世界各地のプリペイドSIMを扱っている専門店や、外国人向けの食材店の店頭で入手可能です。こうした実店舗で買う場合、身分証の提示は必要ありません。

ただし、販売されている海外のプリペイドSIMは多数。その中から日本で開通でき、ローミングで使えるものを選ぶ必要があります。また、追加でチャージは可能ですが、支払いはクレジットカード。匿名を貫くのであれば、使い捨てするしかありません。

飛ばし携帯にするスマホ端末の入手法

海外用プリペイドSIMカードを使っても、契約したスマホ端末を利用すると「端末識別番号」から足が付いてしまいます。端末識別番号とは、携帯電話に割り振られている固有の番号です。製造メーカーやシリアル番号などが含まれており、同じ番号は存在しません。通信の際には、この端末識別番号とSIMの固有番号がセットで通信業者に送られています。

キャリアと契約せずにSIMフリーのスマホ端末を手に入れるには、東京・秋葉原などの店舗で購入。身分証明書の提示は不要です。一部の端末では、端末識別番号の書き換えも可能。対応端末であれば、究極の飛ばし携帯が完成します。ただし、書き換えツールは端末によって異なり、root化が必須です。

飛ばし携帯は使い方にもコツがあります。キャリアの通話ログには端末と発信場所の情報が残るため、おおまかな場所は特定可能。このため、飛ばし携帯は自宅やその付近では使わず、電源を入れる場所にも気を使う必要があります。そして、使い終わったら必ず電源を切るのが鉄則です。

また、同じ端末をある程度の期間使ったら、処分するか端末識別番号を書き換えます。同じ端末、同じ端末識別番号を使い続けていると位置を割り出されやすくなるからです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事