ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

カメラ性能の高いスマホ4機種ナイトモード比較

スマホカメラの性能が向上していることはいうまでもありませんが、その実力が現れるのが暗所での撮影です。夜景はもちろんのこと、公園の暗がりもクッキリハッキリ撮影できるのか、カメラ性能の高いスマホ最新端末で性能を検証しました。それぞれナイトモードで特別な設定なしでどれだけキレイな暗所撮影ができるかを比較しています。


カメラ性能の高いスマホ4機種ナイトモード比較

暗所撮影に特化したナイトモード搭載

一眼レフカメラで照明やストロボを使わずに、公園の暗がりなどを撮影しようとすれば、それなりの知識やテクニックが必須です。

しかし、最近のスマホであればそんな場所も手軽かつキレイに撮影可能。夜景撮影の需要もあり、多くの機種で暗所撮影に特化したナイトモードを搭載しており、誰でも簡単にキレイな写真が撮れるようになっているのです。

それでは数あるスマホの中で、暗所撮影が優れているのはどの機種でしょう。そこで、カメラ性能に定評あるスマホ最新モデル「iPhone12 mini」「HUAWEI P40 Pro 5G」「Google Pixel5」「Xperia 5Ⅱ」をピックアップしました。

さっそくシャッタースピードが遅くなる暗所撮影でブレのない写真が撮れるかをチェックします。iPhoneはややシャープさに欠けるものの、細部も潰れず描写できています。P40 Proは、真っ暗な茂みも明るくハッキリと見えますが、細部はのっぺりとして質感が損なわれているのがやや残念です。

スマホの純粋な暗所撮影の能力も比較

Pixel5は暗い場所のノイズが目立ち、明るい箇所はボケボケでした。Xperiaは陰影がハッキリして質感も保たれており写真としては正しいものの、圧倒的に暗い仕上がりです。

さらに、スマホを固定することで手ブレ補正を行わない、純粋な暗所撮影の能力も比較しました。iPhoneは全体的には明るくディテールもハッキリした仕上がり。P40 Proはさらに明るいものの、やや精細さに欠ける印象です。

Pixel5は暗所も明るく撮れており、多少ノイズが目立つものの高精細で、この検証では最も優秀でした。Xperiaは、画に雰囲気はあるものの暗い場所は写っていません。

ちなみに、Xperiaはソニーのαシリーズに準拠した「PhotographyPro」というカメラアプリを使うことで、ISO感度やシャッタースピード、露光などが手動で設定が可能。ISOも手動で3200まで上げることで、暗闇での撮影も可能です。P40 Proにも同様に「プロ」モードがあり、こちらはISOを最大409600まで上げられます。(文/pusai)

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事