ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhoneとAndroidで電波強度を調べる隠しコマンド

iPhoneの隠しコマンドで表示される「Field Test」は、電波強度がバー表示から数字表示に変わられると話題になりました。しかし、iOS11以降はモードには入れるものの、電波強度の数字表示には対応しなくなっています。とはいえ、電波強度を調べることは可能です。また、電波強度を表示する隠しコマンドは、Androidにも用意されているのでした。


iPhoneとAndroidで電波強度を調べる隠しコマンド

iPhoneの隠しコマンドで電波強度数値

iPhoneの「Field Test」を表示する隠しコマンドは、iOSがバージョンアップしても伝統的に共通です。iPhoneの隠しコマンドを知っていれば、電波が入りにくい時の確認や中古の白ロムを買う時などに役立つでしょう。

iPhoneの隠しコマンドは、電話アプリから入力します。テンキーで「*3001#12345#*」と打ち込んだら、発信ボタンをプッシュ。すると、画面に「Field Test」のメニューが表示されるのです。

ここで電波強度を確認するには、メニューから「Serving Cell Measurements」を選択。ここで表示される「Average RSRP」が、電波強度の数値です。

Androidの隠しコマンドでテスト中

Android端末にも共通の隠しコマンドもあります。Android端末の「ネットワーク変更」の隠しコマンドは、電話アプリを起動してテンキーで「*#*#4636#*#*」と入力するのです。

Androidの隠しコマンドでは「テスト中」という表示とともに、メニューがいくつか表示。端末によって表示メニューは違うようです。ここで「携帯電話情報」→「優先ネットワーク」を選択。通常はオートに設定されていますが、3GのみやLTEのみに変更できます。

LTEが不安定な地域などで、3Gを優先ネットワークに設定すればバッテリーの消耗を防ぐという使い方も可能。同じ画面内には「電波強度」の項目もあるので、数字で電波強度が確認できます。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事