ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スマホのGPS位置情報を偽装できるAndroidアプリ

スマホのGPS機能を活用したアプリは数多くリリースされています。GPSがあることで便利な反面、「地方に住んでいるため出現するポケモンの数が少ない」「恋人に浮気を疑われてスマホをずっと追跡されている」といった悩みを抱く方も少なくないはず。そこで、スマホのGPS位置情報を偽装できるAndroidアプリを紹介します。


スマホのGPS位置情報を偽装できるAndroidアプリ

AndroidはアプリでGPS位置情報を偽装

『Pokemon GO』などの位置情報を使ったゲームや、「iPhoneを探す」など端末の現在地をマッピング表示する紛失防止アプリなどスマホのGPS位置情報を活用したアプリは大量に存在します。さらには、「Cerberus(ケルベロス)」といったパートナーの居場所を特定できる監視アプリにもGPS位置情報が利用されます。

そんなアプリ対策に役立つのが、スマホのGPS情報を偽装するテクニックです。Androidの場合は専用アプリ「FakeGPS location」、iPhone(iOS11未満)の場合はPC用ツール「iBackupBot」を使うことで、GPS位置情報を自由に変更できます。

AndroidはGPS位置情報をアプリで一発偽装できます。「Fake GPS location」はGoogle Playで入手できる無料アプリ。起動すると、自動的に「開発者向けオプション」画面が立ち上がります。

AndroidでGPSを偽装したい場所にピン

ここで「仮の現在地情報アプリ(端末によっては「疑似ロケーションアプリ」)を選択」をタップして、「Fake GPS」を指定。そして、現在地として認識させたい場所にピンを移動するのです。

Android端末でGPS位置情報を偽装したい場所にピンを設定したら、画面右下の再生ボタンをタップします。これで現在地は東京・渋谷なのに、スマホ上では大阪・通天閣そばと表示されるというわけです。

実際にオンライン地図や追跡監視アプリなどで確認してみたところ、スマホの現在地は大阪だと誤認識しました。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事