ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

探偵が利用している浮気調査アプリ3タイプとは

スマホはいつも携帯しているため、アプリ次第でその人がどこで何をしているか丸わかりになる可能性があります。実際、探偵が浮気調査する時も、依頼者にスマホの情報を抜き出すように指示するほど。また、浮気現場の証拠撮りにもスマホアプリは活用されています。浮気調査アプリに何を使っているか探偵に聞いてみました。


探偵が利用している浮気調査アプリ3種類とは?

探偵が利用する浮気調査アプリ3種

最近、夫婦やカップル間の浮気監視にスマホアプリを使うケースが増えています。スマホはWi-Fiや電話回線でインターネットに手軽に接続できるため、盗聴器などのような受信距離の制限もありません。

そして、浮気調査アプリとして探偵によく利用されているのが「遠隔操作アプリ」と「ICレコーダーアプリ」「動体検知機能付きカメラアプリ」の3タイプです。

「遠隔操作アプリ」は、元はといえばスマホを紛失した時に使用する盗難対策アプリ。スマホの現在地を突き止めたり、遠隔操作でカメラを起動して周囲を撮影できたりするのは、紛失したスマホの状況を把握するための機能です。

遠隔操作アプリを家族や恋人のスマホに仕込んで、盗難対策の機能を悪用してパートナーの行動を監視するというわけ。代表的な浮気調査アプリとしては「Cerberus(ケルベロス)」が有名です。

浮気調査アプリのセキュリティ対策

浮気調査アプリとして使われる「ICレコーダーアプリ」は、周囲で音がする時だけ録音する機能が付いているタイプ。自分がいない時の周囲の会話や物音を手軽に録音できます。録音ファイルは、2倍速や4倍速再生も可能。浮気調査アプリとしては「ALON Dictaphone」などがよく利用されているといいます。

浮気調査アプリとして使われる「動体検知機能付きカメラアプリ」は、ICレコーダーアプリの映像版のようなもの。画角内に動きがある時だけ録画するカメラアプリです。浮気調査アプリとしては「AtHome Camera」シリーズなどが使われているといいます。

機種変更して自宅に放置してあるスマホなどに、こうした浮気調査アプリをインストールされ、知らぬ間に盗聴器や盗撮器として使用されている事例もあるようです。

こうした浮気調査アプリをスマホに仕込まれないよう、安易に自分のスマホを人前でロック解除したり、推測されやすいパスワードにすることは避け、しっかりとセキュリティ対策を心がけましょう。

■「浮気調査アプリ」おすすめ記事
浮気防止アプリが入っていないかのチェック方法

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事