ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Siriに文字入力で指示するほかiPhone裏ワザ4選

iPhoneのiOSは毎年メジャーアップデートされて機能がどんどん進化していきます。そんな中、iPhoneにはあまり知られていない裏ワザもたくさん登場しているのです。例えば、人前でSiriへ話しかけるのはちょっと恥ずかしいもの。そんな時、Siriは文字入力でアシスタント機能を指示することもできるのです。


Siriに文字入力で指示するほかiPhone裏ワザ4選

iPhone標準カメラアプリでQRコード

iPhoneで意外に知られていない裏ワザが、「Siri」を文字入力で指示できること。iPhoneの「Siri」は話しかけるだけで、メッセージ送信・電話をかけるなど、やりたいことを手伝ってくれるアシスタント機能です。

とはいえ、電車の中やファミレスなどSiriに話しかけにくいシチュエーションは多々あります。そんな時は、文字入力でSiriに指示を出しましょう。設定アプリの「一般」→「アクセシビリティ」内の「Siri」を選択して「Siriにタイプ入力」をオン。Siriを起動させた画面下部に文字入力欄が出現します。

もし「アクセシビリティ」内に「Siri」が表示されていない場合は、Siriが有効になっていないということ。まずは設定アプリの「Siriと検索」内でSiriを有効にしてから試してください。

iPhoneが標準カメラアプリでQRコードを読み取れることは意外に知られていません。標準のカメラアプリでQRコードを画面に収めると、読み取った内容がポップアップ表示。タップすればそのままSafariでアクセスできるようになっています。

iPhone電話アプリで裏ワザを起動

iPhoneの「画面収録」を意外に使われていない機能。画面収録を使えば、iPhoneの画面を丸ごと録画して、端末内の写真アプリに動画ファイルとして保存できます。つまり、YouTube動画などがデスクトップ録画できるようになっています。

画面収録は「設定」→「コントロールセンター」→「コントロールをカスタマイズ」をタップして「コントロールを追加」から「画面収録」を選択。あとはトップ画面に戻り、ホームボタンを上にスワイプしてコントロールセンターを表示します。

そして、コントロールセンターの中の画面収録ボタンをタップ。すると、3秒後に画面の録画が始まる仕組みです。録画を停止するには、画面ヘッド部の赤くなった時刻表示をタップして停止を選ぶか、再びコントロールセンターを表示させて画面収録ボタンをタップして停止させます。

なお、最新iPhoneでは電波強度を数値化する裏ワザが使えません。従来まで電話アプリで「*3001#12345#*」に発信すると「Field Test」モードが起動。アンテナ表示を数値化できました。とはいえ「Field Test」モード自体は健在。「Serving Cell Measurements」の「Average RSRP」に電波強度が表示されます。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事