ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

バッテリーが死んだiPhoneを自力で修理してみた

型落ちしたジャンク品のiPhoneは格安で購入可能。バッテリー交換や故障部分の修理を自力ですれば、携帯音楽プレーヤーなどにお得に活用できます。ここでは、ガラスが割れてバッテリーが死んだiPhone5Sの修理と、割れやすいiPhone6sのバックカメラのガラスカバーを交換します。


スポンサーリンク
バッテリーが死んだiPhoneを自力で修理してみた

付属ドライバーでiPhoneのネジを外す

用意したのはAmazonで購入した「iPhone5S用フロントパネル」と「iPhone5S用バッテリー」。実勢価格はそれぞれ2,256円と1,980円です。なお、バッテリーは信頼性の高いDIGIFORCE製を選びました。

バッテリーの交換は、まずiPhoneのディスプレイを開け、付属ドライバーでネジを外していきます。バッテリーを取り外して新しいものと交換すれば修理は完了です。

液晶ガラスの交換は、交換用の液晶ガラスに、カメラ・ホームボタン・アルミ板を移植するのが修理のポイントになります。これでジャンク品を新品同様に修復できました。

iPhoneバックカメラのガラス交換

iPhone6/6s以降のモデルはバックカメラ部分が飛び出ているので、ガラス面が割れがちです。もし割れてしまってもiPhoneの筐体を開け、自分で交換できます。修理用の「iPhone6/6s用カメラレンズカバー」の実勢価格は1,000円。サイズ/重さは18Φ×3Dmm/3gとなっています。

iPhone6sのバックカメラのガラスカバー交換は、まずカメラ部分のパーツを外します。ガラスカバーをドライバーなどで押し出し、交換用のパーツを接着剤で付けたら、カメラなどを付け直して修理完了です。

これでiPhone6sの割れてしまったバックカメラのガラスカバーが新品同様に、傷のない状態にできました。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事