ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhoneでApple Musicを高音質で楽しむ設定とは

iPhoneの「Apple Music」は月額980円で5千万曲が聞き放題。iPhone本体にダウンロードすればオフラインでも聞けるし、本体の容量を圧迫されるのがイヤならストリーミングでも楽しめます。オリジナルコンテンツで自分にぴったりの音源が見つかることもあります。iPhoneでApple Musicを高音質で楽しむ設定を見ていきましょう。


iPhoneでApple Musicを高音質で楽しむ設定とは

iPhoneでApple Musicを高音質に設定

「Apple Music」はビットレートが最大256kbps。ビットレート(kbps)とは1秒ごとのデータ転送量のことで、数値が大きいほど音質は良くなります。定額音楽配信サービスの中では、Amazon MusicとApple Musicのみがこの数値で、Google Music・Spotify・AWAなどは最大320kbpsが標準となっています。

とはいえ、各サービスともビットレートは最大値。Wi-Fi接続でない場合、ストリーミング再生のビットレートは通信環境に影響を受けてしまうため、最大値だけでは比較できません。

iPhoneはApple Musicを高音質で楽しむために、設定でビットレートを最大値の256kbpsに固定できます。「ミュージック」→「モバイルデータ通信」から「高音質ストリーミング」をオン。これでビットレートはいつでも、MAXの256kbpsになります。

iPhoneでApple Musicを好みに設定

ただし、256kbps固定にするとデータ使用量が増えるので、データ定額やWi-Fi接続でダウンロードしておくと安心です。加えて、もう1つiPhoneでApple Musicを高音質で楽しむ設定が「イコライザ」になります。

イコライザは「もっと低音を効かせたい」「ボーカルを強調したい」など、周波数特性を好みの音に変更する機能です。「設定」→「ミュージック」→「イコライザ」を選択。音楽ジャンル別に設定を変えられます。

iPhoneでApple Musicを再生しながら、どの設定が自分の再生環境ではベストなのか聴き比べつつ選ぶとよいでしょう。「Bass Booster」にするだけでも低音がしっかり効いて、物足りなさを解消してくれます。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事