ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhoneのパスコードは桁数を増やして盗み見対策

Androidに比べて自由にカスタマイズできない分、より強固といわれているのがiOSのセキュリティ。しかし、iPhoneといえども設定を間違えると意味がありません。iPhoneが安全に使えるようセキュリティ設定を見直しましょう。iPhoneでやっておくべき4つのセキュリティ設定について確認していきます。


iPhoneのパスコードは桁数を増やして盗み見対策

iPhoneのパスコードは数字6桁が標準

ソフトウェアのアップデートは単に機能を追加するだけでなく、脆弱性をふさぐためにも行われます。iPhoneはアップデートが公開されたらなるべく早めに更新し、絶えずシステムを最新の状態に保ちましょう。

設定画面の「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から、最新iOSに更新できます。新OSは不具合がありがちだったのは、もはや過去の話。自動更新をオンにしても問題ありません。

iPhoneのパスコードは数字6桁が標準ですが、この程度では盗み見や推測で解除される危険があります。そこでパスコードオプションを変更し、長い桁数や英字を利用できるようにしましょう。

iPhoneのパスコード桁数を変更する

iPhoneのパスコードの桁数を変更する方法は、設定画面で「パスコードオプション」を選択します。「カスタムの数字コード」からパスコードを設定するのです。

Apple IDはパスワードが漏れても不正なアクセスを防げるように、2ファクタ認証機能が用意されています。iPhoneから簡単に利用でき、セキュリティも飛躍的に向上するので設定しておくと安心です。

設定画面でApple IDを開いて「パスワードとセキュリティ」内の「2ファクタ認証」をオンにしておきましょう。

「USB制限モード」は、iPhoneがロックされてから1時間以上経過後にUSBアクセサリを利用できなくする機能です。iPhoneにデバイスを接続し、パスコード解除ツールでハッキングされるのを防止します。設定画面の「TouchIDとパスコード」を開き、「USBアクセサリ」をオフにしておくのです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事