ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhone「空白の長押し」でトラックパッドを表示

iPhoneの最新モデルの多くには、画面の押す力を感知してさまざまな機能が現れる「3D Touch」が搭載されています。しかし、微妙な力加減が必要なこともあり、使いこなしている人は少数派かもしれません。そこで、「3D Touch」代わりに使える便利な操作テクニックを紹介しましょう。


iPhone「空白の長押し」でトラックパッドを表示

iPhoneトラックパッドは表示しにくい

iPhoneであまり活用されていないのが、画面を押し込むと現れる「3D Touch」機能。例えば、メールやメモなどの文字入力では、キーボードの一部分を軽く押し込むとトラックパッドが現れ、カーソルを自由に移動できるようになります。

ただし、iPhoneのトラックパッドは表示しにくいのが難点。トラックパッドを表示しようとキーボードの一部を押してはみたものの、意図していない文字が入力されて困ったという人も多いはず。また、iPhone SEのように3D Touchを搭載しないモデルでは使えません。

そこで、活用したいのが「空白の長押し」です。空白キーをロングタップすることでトラックパッド表示に切り替わります。これで間違いなくトラックパッドを表示することができるのです。

iPhoneトラックパッド表示でURLを確認

このiPhoneの「空白の長押し」によるトラックパッド表示は、例えばブラウザのURLを確認する時にも便利。SafariでURLを確認しようとタップすると勝手に全選択となってしまって、URLが長いと最後の方まで確認することができません。

ここで「空白の長押し」をすれば、URL欄の全選択が解除されてカーソルが表示されるので、画面右に隠れていたURLの最後まで確認できるようになります。

また、iPhoneのキーボードには他にもロングタップで現れる機能があります。地球儀アイコンのロングタップで、キーレイアウトの設定が可能です。設定画面下に表示する3つのキー配列から、右を選べばキー全体が右寄せ、左を選べば左寄せになります。

右利きの人であれば右寄せ、左利きなら左寄せにすると、指の動きが少なく入力も楽になります。元の並びに戻す際は、キーボードが寄って空白になった部分の矢印をタップすればOKです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事