ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

最新iOSで整理しやすくなったiPhoneホーム画面

iOS14で根本的にそのあり方が変わったといえるのがiPhoneの「ホーム画面」です。「ウィジェット」を配置できるようになった点がとりわけ目立ちますが、「Appライブラリ」が実装されたこともポイント。それまでの「アプリはすべてホーム画面上に配置される」という縛りがなくなったのは、大きなパラダイムシフトだといえます。


最新iOSで整理しやすくなったiPhoneホーム画面

iPhoneのホーム画面のアプリを整理

最新のiOS14から、Android端末ではおなじみだった「ホーム画面」の「ウィジェット」が解禁されました。ウィジェットのサイズは大中小の3種類。同じウィジェットでも大きさによって使い勝手は異なります。

ウィジェットの追加は、ホーム画面の編集に入って画面左上の「+」アイコンから行える仕様。機能はアプリごとに異なりますが、複数のウィジェットがまとまって、切り替えが可能な「スマートスタック」が便利です。

さらに、iOS14から実装された「Appライブラリ」によって、本当によく使うアプリのみをホーム画面に配置し、たまにしか使わないものはAppライブラリから探して起動する…といった運用が可能になりました。

iPhoneホーム画面の整理に役立つ一覧

iOS14でアプリは、ホーム画面の1番右に位置する「Appライブラリ」で管理できるようになりました。Appライブラリでは、自動でアプリを分類し、フォルダ分けしてくれます。

検索バーからアプリ名からアプリを探すインターフェースも軽快です。また、アプリをAppライブラリにのみ表示する設定も可能になりました。

このほか、ホーム画面の編集中にDockの上にあるインジケータをタップすると、ホーム画面が一覧で表示。それぞれの表示・非表示を切り替えられるようになりました。ホーム画面が多くなり過ぎている場合の整理に役立つでしょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事