ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhoneドッグコネクタを自力で交換してみた結果

iPhoneはLightningケーブルを挿した状態で端子付近に負荷がかかると、接触不良などの不具合が起こることがあります。iPhone8以降はQi対応なので、充電だけならケーブルの接続ナシでも可能ですが、有線通信や有線イヤホンが使えなくなってしまいます。iPhoneドッグコネクタを自力で交換する手順を見ていきましょう。


iPhoneドッグコネクタを自力で交換してみた結果

iPhoneドックコネクタ交換の難易度

iPhoneドックコネクタの互換基板には充電端子のほかに、マイクやノイズ低減用のマイクが付いており、端子の交換はこれらを丸ごと交換することになります。基板自体がフレームの最下部にあるため、難易度はやや高めです。

iPhoneドッグコネクタ交換の流れは、まず「メイン基板の取り外し」、続いて「スピーカーの取り外し」、最後が「充電端子基板の交換」となります。使用するパーツは「Vimour iPhone 8ドックコネクタ」。Amazonでの実勢価格は1,999円です。

iPhoneドッグコネクタ交換は、まず下側のスピーカーを固定しているネジを外し、次に上部カメラユニット、照度センサーなどが付いているユニットのネジを外します。

iPhoneドックコネクタの互換パーツ

スピーカー、充電端子基板とメイン基板をつなぐコネクタを分離したら、メイン基板を持ち上げて取り外しましょう。次にスピーカー、さらにバイブレーターユニットを除去します。

すると、充電端子の基板が現れるので、固定しているネジを外して、フレームに貼り付いている基板を剥がしてください。うまく剥がれない場合はヘラなどを使いましょう。

次に、ドッグコネクタの互換基板の取り付け。取り付けられていた位置に基板を設置し、両面テープで固定します。取り外したパーツを元の位置に戻して、メイン基板にコネクタ類を接続したら交換完了です。

■「iPhone」おすすめ記事
iPhone浮気調査!恋人の着信履歴を自分の端末で!?
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhone「空白の長押し」意外と知らないテク集
iPhone無音カメラはマイクロソフト製が高機能
iPhone画面が勝手に下がるのは「簡易アクセス」
iPhoneは自動録音アプリで盗聴器になる危険
iPhoneのGPS位置情報を好きな場所に偽装する方法
iPhoneヘルスケアに連携すべき睡眠アプリは?
iPhoneでも手軽に通話を録音する方法があった

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事