ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LINEの通知をカスタマイズして快適に使う方法

今や現代人の必携ツールとなった「LINE」は、ロック画面に表示される通知機能が便利。既読スルーによるトラブル回避のためにメッセージを読んだりと、LINEの通知を活用している人は多いでしょう。とはいえ、通知が多すぎるのも困りもの。そこで、LINEの通知をカスタマイズして快適に使う方法を紹介します。


スポンサーリンク
LINEの通知をカスタマイズして快適に使う方法

LINEで特定のトークの通知をオフ

LINEの通知は一時的に停止させることができます。友人からのしつこい誘いが邪魔に感じる時は、一時的にオフにするのも手。何かに集中したい時に利用するLINE通知の停止時間は2パターンから選べます。

設定方法は、LINEの設定画面の「通知」→「一時停止」から一時的に止めることが可能。「1時間停止」「午前8時まで停止」の2パターンがあるので、仕事中や就寝中など状況に応じて利用すると便利です。

LINEでは、煩わしい相手からのトークだけ通知をオフにすることもできます。トークルームで右上のメニューを押して「通知オフ」をタップ。すると、トークルームのタイトル右横に通知オフマークが付くのです。

LINE通知は仕事中は非表示にする

これで、このトークルームに届いたLINEのメッセージは通知されなくなります。スタンプ欲しさに追加した公式アカウントからは、大量のメッセージが届くこともしばしば。特定の相手だけトークの通知をオフにしておくとストレス軽減できます。

LINEは新着メッセージが届くとロック画面に通知されるのはご存じのとおり。通知にはメッセージの一部が表示されるため、既読を付けずに内容を把握するのに活用する人も多いでしょう。ただし、メッセージを他人に見られるリスクもあります。

特に仕事中は、LINEの通知は非表示にしておいた方が安心でしょう。LINEの通知にメッセージの内容を表示しないようにするには、LINEの設定画面で「通知」→「メッセージ内容表示」をオフにすることで非表示になります。

■「LINE」おすすめ記事
LINEのトーク復元機能はAndroid版だけに実装
LINEトークをiPadから盗聴する方法とは
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
LINEふるふる機能で知らない人と知り合う
LINEのセキュリティを上げるための6つの設定
LINEがブロックされているかを確認する方法
LINEのPINコード導入のきっかけとなった事件
LINEをガラケーで使うとトークが既読にならない
LINE位置情報を利用して居場所を知らせる方法
LINEをiPadで使うための本人確認番号とは?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事