ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LINEのトーク履歴を効率的に検索する方法2つ

必須アプリ「LINE」は随時アップデートされ、知らないうちにさまざまな機能が追加されています。ただし、大々的にアナウンスされないため、せっかくの便利な機能も気づかれず埋もれているケースもあるのです。そこで、LINEのトーク履歴から目的のメッセージを効率よく検索するテクニックを紹介しましょう。


スポンサーリンク
LINEのトーク履歴を効率的に検索する方法2つ

LINEトーク履歴をカレンダー検索

LINEのトーク履歴は時系列に並んでいるため、メッセージを読み返すためにひたすら画面を上にスワイプし続けたという経験は誰にでもあるはず。そんな時に活用したいのが、LINEのトーク履歴のカレンダー検索です。

カレンダーによる検索は、トークルームで右上のメニューを開いて「検索」をタップ。ここで、キーボードの右上に表示されるカレンダーアイコンをタップします。すると、キーボードがカレンダーに変わるのです。

日付が太字になっているが、トークのやり取りのあった日。タップすれば、その日のメッセージのやり取りが確認できるのです。カレンダーを上にスワイプしていけば、遡って過去のメッセージのやり取りを調べられます。

LINEトーク履歴を一括で検索する

LINEのトーク履歴はキーワードによる検索も可能。カレンダー検索ではなく、文字を入力すれば、トークルーム内のメッセージを検索できます。ただし、特定のトークルーム内ではなく、過去のトークすべてから検索したい時は「友だち」画面にある検索窓を利用するのが便利です。

検索窓は友だち画面の最上部にあるボックス。検索したいキーワードで入力すると、該当するメッセージがあるトークルームが一括でリスト表示されます。確認したいトークルームを選びましょう。

該当するキーワードが複数のメッセージに登場する場合は一覧で表示。日時などから推測してタップすると、メッセージが表示される仕組みです。検索キーワードはハイライトで表示されるので、探したいメッセージがすぐ見つかるでしょう。

■「LINE」おすすめ記事
LINEのトーク復元機能はAndroid版だけに実装
LINEトークをiPadから盗聴する方法とは
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
LINEふるふる機能で知らない人と知り合う
LINEのセキュリティを上げるための6つの設定
LINEがブロックされているかを確認する方法
LINEのPINコード導入のきっかけとなった事件
LINEをガラケーで使うとトークが既読にならない
LINE位置情報を利用して居場所を知らせる方法
LINEをiPadで使うための本人確認番号とは?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事