ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

プリペイドSIMでLINEの複数アカウントを登録する

海外プリペイドSIMは、短期間の海外旅行の時に重宝します。中には、日本でも利用できるものもあり、それとSIMフリースマホを組み合わせてLINEなどのアカウントを作れば、匿名スマホと身元不明のLINEアカウントが作れるのです。日本と海外のプリペイドSIMカードの使い勝手を調査しました。


プリペイドSIMでLINEの複数アカウントを登録する

プリペイドSIMでLINEアカウント登録

まず、プリペイドSIMには日本で開通できるものとできないものがあります。現地通信会社の電波を拾うため、日本の通信事業者の電波には対応していないSIMカードがほとんどです。

しかし、タイの「AIS」や「TRUE MOVE」は日本で開通できるものをラインアップしています。特に信頼できるのは、AISの「SIM 2 Fly アジア16カ国プリペイドSIM」。データ通信専用SIMですが、SMSが使えるためTwitterやLINEの登録時にSMSに送信される番号を入力すればアカウントの開設が可能です。

しかし、1つ難点はタイのアカウントになってしまうこと。日本のLINEが提供するサービスの利用は限られますが、IDでのユーザー検索は可能です。

LINEで複数アカウントを登録する

また、かつて発売されていた「Wi-Ho! プリペイドSIM」(テレコムスクエア)という、日本のプリペイドSIMも調査したことがあります。

羽田や成田といった空港で購入できた090・070番号が付いたSIMカードで、開通から2週間は10分以内の通話であれば無料という通話専用のSIMカードです。2020年7月28日で取り扱い終了となってしまったのですが、日本への短期旅行者たちに重宝されていました。

購入にはパスポートが必要なため、完全な匿名スマホにはなりませんが、電話マニアやお得フリークの間では密かに知られた存在だったのです。

というのも、Wi-Ho! プリペイドSIMは、SMSに対応していなかったものの、通話で認証することでLINEアカウントを作成。そして同じ手順で複数アカウントを作れば、1人で何回もLINEのキャンペーンに応募する…といったことが理論上、可能だったからです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事