ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

暗視

400mの暗闇を映す第2.5世代相当の暗視スコープ

暗闇を映し出す暗視スコープは、第1~3世代まであります。第3世代は軍事用で、一般人では入手できません。民生用として手に入る最高レベルは第2.5世代相当のデジタル暗視スコープになります。最大40[…続きを読む]

1万円以下のオモチャ暗視スコープの性能は?

ウレタン製ソフト弾を利用した、アメリカ生まれのトイガン「NERF(ナーフ)」。20m以上の飛距離で、ショットガンから電動ガトリンガーまで多様なブラスター銃が揃う人気シリーズです。そのNERF用[…続きを読む]

第2.5世代相当の単眼鏡型デジタル暗視スコープ

暗視スコープには第1~3世代までありますが、暗闇から取り込んだ微量の光量子を暗視増倍管で電子に変換して、可視画像を作成する仕組みは同じです。これまで光増幅率が改良されてきました。そこで、入手可[…続きを読む]

キヤノン一眼レフカメラを暗視スコープに改造

「Magic Lantern(ML)」は、海外の愛好家によって開発されたキヤノン一眼レフの非公式ファーム。タイムラプスやHDR動画撮影など、取扱説明書には無い多くの機能が追加できます。キヤノン[…続きを読む]

暗視スコープの第1世代と第2世代とは何が違う?

暗視スコープには、第1~3世代まであり、スペックが異なります。暗闇から取り込んだ微量の光量子を暗視増倍管で電子に変換し、可視画像を作成する仕組みは同じですが、光増幅率が改良されてきました。暗視[…続きを読む]

暗視撮影できるソニーの代表的カメラ2機種とは

スマホ・ドラレコ・防犯カメラなど多くの工業製品に採用され、今や世界シェアNo.1を誇るソニーのCMOSイメージセンサー。その高い性能がいかんなく発揮されているのが、デジカメやビデオカメラです。[…続きを読む]



大型液晶を搭載した暗視スコープの使い勝手は?

最大400m先まで見える高倍率に撮影機能も付いたデジタル暗視スコープが登場しました。しかも、4インチの大型液晶画面を搭載。メガネやゴーグルをしたまま暗視スコープが使えるので、長時間の監視も苦に[…続きを読む]

最大400m先まで見える暗視スコープの実力は?

自動販売機を設置している近所の人から、空き缶用ゴミ箱に自宅のゴミを勝手に捨てる人がいるとの相談。そこで、録画機能付きの暗視スコープをテストすることにしました。最大400m先の暗闇をあぶり出す暗[…続きを読む]

赤外線も照射できる暗視スコープの撮影性能は?

高倍率で撮影機能も付いたデジタル暗視スコープが登場しました。しかも、2.0TFT液晶ディスプレイのオープンファインダーを採用。メガネやゴーグルをしたまま暗視スコープが使えるので、長時間の監視も[…続きを読む]

暗視スコープで入手できる最高峰は第2.5世代

暗いところを明るく見せる暗視スコープの世界は、暗視の技術的方式により第1世代から第3世代までに分類されています。とはいえ、第3世代の暗視スコープは現用の兵器のため入手は困難。そこで、民間人が入[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEのトーク内容は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEのトーク内容を探偵が入手する手口を見ていくとともに[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した“デジタル盗聴”が[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボールのエンゼルを見分ける方法を紹介しましょう。1番[…続きを読む]

iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違う

iPhoneには伝統的に受け継がれている裏ワザがあります。もちろん最新のiPhone6でも健在なその裏ワザとは、隠しコマンドで起動するフィールドテストモードです。そして、この裏ワザでわかる使用[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、既読がつかないのです。ただし、解[…続きを読む]