ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

第2.5世代相当のデジタル暗視スコープの画質

暗視スコープには第1~3世代までありますが、暗闇から取り込んだ微量の光量子を暗視増倍管で電子に変換して、可視画像を作成する仕組みは同じです。これまで光増幅率が改良されてきました。そこで、入手可能な暗視スコープとしては最も高性能な第2.5世代の録画機能付きデジタル暗視スコープの画質を見ていきます。


第2.5世代相当の単眼鏡型デジタル暗視スコープ

デジタル暗視スコープでカラー撮影

L-SHINEの「BN-LS650」は、手頃な価格ながら、第2.5世代相当の性能を持つ単眼鏡型デジタル暗視スコープです。第2.5世代とは、増倍管の倍増率が30,000~50,000倍で第3世代に迫る暗視スコープのこと。ちなみに、第2世代は20,000倍です。

低照度下でも光を増幅してカラーで撮影可能。「IR」ボタンを押すと赤外線を照射し、真っ暗闇でもターゲットを映し出せます。最大400m先まで見え、遠方を調査したい時に力を発揮するでしょう。

実際に、ぼんやりとした電気のみの薄暗い場所で約10m先のターゲットを撮影。人物の背後のわずかな光を元に、カラーで撮影できました。やや粒子が粗いものの、暗視モードをオンにするとコントラストの高い映像になります。

暗視スコープの最大撮影距離は400m

暗視スコープの操作は本体上部にある操作パネルで行います。操作パネルには、電源ボタンのほか、録画ボタンや赤外線照射のオン/オフが設置されていて、明るさやズームなどが調節可能です。

また、本体下部のカバーを開けると、ビデオ出力端子やUSB端子、microSDカードスロットが出現する仕様。カメラ/ビデオの切り替えボタンも、ここに設置されています。

この暗視スコープは望遠6倍、デジタルズーム5倍。動画解像度は1280×720ドット/20fpsで、保存形式はAVI(動画)、JPG(画像)です。最大撮影距離は400m、記録メディアはmicroSDカード(最大32GB)となっています。サイズ/重さは105W×62H×208Dmm/765g。実勢価格は32,184円です

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事