ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

デジタル一眼レフを暗視カメラに改造する方法

通常、デジカメはフルスペックの上位機種と入門用の下位機種が存在します。下位機種は価格が安い分、機能が制限されています。そして、日本のデジカメは世界中にユーザーがいるため、こういった制限を解放する非公式の裏ファームが、有志によって開発されているのです。デジタル一眼レフを暗視カメラにする方法を見ていきましょう。


デジタル一眼レフを暗視カメラに改造する方法

一眼レフを裏ファームで暗視カメラに

「Magic Lantern(ML)」は、海外の愛好家によって開発されたキヤノン一眼レフの非公式ファーム。タイムラプスやHDR動画撮影など、取扱説明書には無い多くの機能が追加できます。そこで、キヤノン一眼レフカメラの型落ちモデルに裏ファームを導入して暗視カメラに改造する方法を見ていきましょう。

「Magic Lantern」で注目したいのは、LIVEモニター撮影時にディスプレイのゲインを強引に上げられる点。暗くてよく見えない場所でも、わずかな光があれば暗視スコープのように明るく観察できるようになるのです。

今回、暗視カメラに改造したのは、2012年にキヤノンから発売された、小型軽量フルサイズの一眼レフ「EOS 6D」。後継機の「EOS 6D Mark Ⅱ」には、タイムラプス動画やバルブタイマーなどが標準搭載されています。

キヤノンの一眼レフにMagic Lanternを導入する手順は、まず「Magic Lantern」公式サイトにアクセス。公式サイトには、純正ファームとMagicLanternファームの両方が置かれています。日本語のFAQも参考になるでしょう。

画面のゲインを調整して暗視カメラに

公式サイトの上部メニューから「Downloads」→「Nightly builds」をクリックして、該当する機種名を選択。緑色で表示されている「magiclantern-Nightly.2018Jul03.6D116.zip」をクリックします。

カメラで初期化したSDカードに、解凍したファイル(「autoexec.bin」「ML」「ML-SETUP.FIR」)をすべてコピー。あとは、通常のファームアップと同様にアップデートするのです。

なお、カメラのファームが1.1.7の場合、1.1.6にダウングレードしてから作業しなければなりません。Magic Lanternファームと同じページにある「Canon firmware 1.1.6」をクリックして、解凍した純正ファーム(6D000116.FIR)で、ファームアップと同じ手順でダウングレードを行ってください。

ディスプレイ上のみではありますが、画面のゲインを「+2EV」→「+4EV」→「+6EV」と調整すると暗くて見えなかった部分が浮かび上がってくるはず。明るくし過ぎると粗くなるので、暗視カメラとしては2EV~4EVぐらいがよいでしょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事